Ableton Live

2010年10月 2日 (土)

Ableton Liveのアンプシミュレータ、Ableton Amp を試してみた

Ableton Ampが面白そうだったので、試してみました。

AnalogのシンセアルペジオにAmpエフェクトを色々かけて見てます。

結構、これ作るの手こずっちゃって、ただ画面だけをキャプチャした動画も面白く無いかな。
と思って、iSightの画像を画面に入れて、操作している様子も画面に入れよう。

と思ったら、これが出来るソフトがなかなかわからず。

結局、iShowU HDがベストっぽいです。
iShowUを持ってたので、US$9くらい払ってアップデート。

Picture in PictureができるフリーソフトPIPってやつでもなんとかなりそうなんだけど、ちょっとチラツキとかが出たりして、イマイチだった。

あと、なんでかiShowU HDでキャプチャしたムービーを、FinalCut Expressで編集しようとしたら妙に時間がかかって
iMovieでやったらわりとあっさり。

iMovieで音声をノーマライズして、最初と最後にフェード入れて、YouTubeにアップ。

iMovieの直接YouTubeにアップできる機能便利ですね。

2010年9月25日 (土)

Ableton Live 8.2の新機能、AMP & Cabinetが面白そう

Ableton Live 8.2 - AMP -

うーむ、面白そう。

色々なサウンドに、ギターアンプを通した感じの歪を加えて、生っぽさというか温かみというか人間臭さというか、そういう感じを出せそうですねー。

試してみよう。

2009年7月 7日 (火)

Ableton Live 8の新機能Looperを使ってのギター演奏

をやってみました。

いや、これ楽しい。
Looperは、ループでずっと音を録音できるプラグイン。

これにギターでバッキングを重ねて録音していって、ギターソロを弾いてます。

ついでにvimeoにもアップロード。

Playing the guitar with Ableton Live 8 Looper from S_Ishimaru on Vimeo.

2009年4月21日 (火)

Ableton LiveでDS-10の音を録音して簡単にループを作る

今までLiveにDS-10の音を録音したら、目視で波形を見てビートにあわせてたんだけど、

「これっておかしいよな?こんな誰でもやりそうな、録音した音をビートにあわせるなんて、絶対簡単にできるはずだ!」

と思ったら、やはり簡単にやる方法があった(笑

3

Liveは音声ファイルを読み込むと、その内容を解析しトランジェントという、小さい三角をビートの頭などに入れてくれる。

なんで、スタートマーカーをそこにあわせれば、ビートの開始位置が簡単にあう。

あとはループの終わりのところで、クリップを切ってしまえばループの長さのクリップが出来上がり。

ビデオは、Liveで作った4つ打ちのドラムビートに、DS-10シンセのループをのせて、さらにDS-10のカオスモードでソロを弾いたもの。

なかなか楽しいですな。

2009年4月 7日 (火)

Ableton Live 8のリファレンスマニュアルをとりあえず印刷してみる

LIVE8のマニュアル印刷してみた

Ableton Live 8が発売になったので購入。

ダウンロード販売でいつも買っているので、新機能の一つ一つを理解するためにとりあえずマニュアルを印刷してみようかなと思いました。

全567ページもあるので、製本されてないとしんどい。

たまに大先生がキンコーズで、マニュアルを製本しているので、オレもあれをやってみるか。

と、アキバのキンコーズへ。

印刷、製本を頼んで作ってもらいました。
さすがに両面刷りでも、かなりの量で、結構厚いです。

料金を聞くと、金額も結構良い値段(笑

キンコーズは印刷が高かったのか

あんまり使ったこと無かったから知らなかったけど、モノクロ印刷でもページあたり11円もするのね。

製本代とかは安いけど、ほとんど印刷代。

そうかー。
マニュアルを製本したい時は、印刷した紙を持ち込んでやってもらうのが良さそうだな。

2009年1月30日 (金)

Ableton Liveのパンチインパンチアウト録音がオートメーションの修正に便利

3
タイトルままの話なんだけど、Ableton LiveはMIDIコントローラとの関連づけが楽ちん。

なので、オートメーションをマウスで書くのが面倒で、MIDIコントローラのつまみに変化させたい項目を関連づけて、直接手でツマミをグリグリ回して、それを記録する。

という、やり方で、オートメーションを書いてます。

なんだけど、このやり方、まさにライブ演奏でツマミをグリグリしているので、ごく一部間違ったり、聞き返して気に入らない部分が出てきたりする。

そんなとき、パンチインパンチアウトを使って、部分的にツマミ変化の録音(記録?)をやりなおすと、マジ便利。
長いフレーズだと、全体をやりなおすのは面倒だし。

ということに今日気がついたので、書き留めてみた。

2009年1月28日 (水)

Ableton LiveでMIDIコントローラが操作割り当てできないなと思ったときは

最近、お気に入りのAbleton Live。

FL STUDIO、LOGIC、Ableton Liveと、DAWソフトを使ってきましたが、作曲という作業をするうえでは一番好きだなー。

ルミネスの曲もAbleton Liveがメインで使われたようです。

3
MIDIコントローラを差し替えたりすると、たまにうまく動かないなと思うときがありますが、

環境設定 -> MIDI Sync -> Input

のリモートがオンになっていないことが、ままあるのでここをチェックするとだいたい直るかも。

何度かハマッタのでメモ。

2009年1月22日 (木)

Ableton Liveで2分30秒でBeatmakingする動画を作った

Beatmaking on Ableton Live in 2min 30sec

最近自分で作ったテンプレートを使用。

Liveは一人でジャムセッションする感覚で、バンバン思いつくアイデアを重ねていく感じが良いですね。

あとMIDIコントローラーの関連づけが簡単なところも好印象。

なにかもっと文章書くことがあるかと思ったら、全然無いな(笑

まぁ、言葉で言えないことだからムービーを作ったわけで、ムービーで表現してるから良しと言うことで(笑

Vimeoにもアップ。


Beatmaking on Ableton Live in 2min 30sec from S_Ishimaru on Vimeo.

2009年1月20日 (火)

Ableton Liveのテンプレートセットの保存

3
新規Liveセットを作成したときに適用される、テンプレートセット。

これの保存ボタンがどこにあるのかわからなくて、だいぶ悩んだのでメモ。

環境設定 -> File/Folder -> 現在のセットをテンプレートとして保存

で、テンプレートセットが保存と。

Ableton Liveのチュートリアルが良く出来てる

このエントリーはこちらに引っ越しました!下のリンクをクリック!

Ableton Liveのチュートリアルが良く出来てる « 電脳芸!! 

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30