« [Tokyo HDR]お台場レインボーブリッジ近辺 | トップページ | 平成二十二年、あけましておめでとうございます »

2009年12月31日 (木)

[Cheetah3D]Utah teapot(ユタティーポット)を作るスクリプトを作った

Many Teapots

20091231_42154

平成二十一年、西暦2009年、最後のブログ更新。

やはり3DCGと言えば、Utah teapot
Cheetah3Dでのレンダリング実験にユタティーポットでも使おうかと思っても、Cheetah3Dで読めるユタティーポットのデータが見あたらない。

なんで仕方ないので、自分でCheetah3Dのスクリプトの勉強がてら作ってみた。

Utah teapotのオリジナルデータを読み込んで、パースして作ってみた。
Utah teapotのデータって考えてみればあたりまえなんだけど、これベジェ曲線で平面を表現したベジェパッチのデータなのね。

普通のポリゴンデータかと思ってた。

ベジェパッチの平面データの計算方法は、このページを参考に

20091231_42225

ベジェパッチを何個に分割してポリゴン化するかを、このBezierPatchDivisionパラメータで設定できます。
増やせば増やすほど細かくポリゴンが作成されます。

20091231_52518

ちなみに1にすると、こんな感じに。

このスクリプトをダウンロードして、Cheetah3D/scripts/Polygonobjに入れると使えます。

DOWNLOAD: TeaPot.js


TeaPot.js

« [Tokyo HDR]お台場レインボーブリッジ近辺 | トップページ | 平成二十二年、あけましておめでとうございます »

Cheetah3D」カテゴリの記事

コメント

あけまして、おめでとうございます。

すごく勉強になるスクリプト、ありがとうございます。(インストール場所は、scripts/Polygonobj ですよね?)これ Flash でも、つかえますよね。

石丸さんみたいに、今年はもう少し発信していきたいなぁ。今年もよろしくお願いします。

どもども、あけましておめでとうございます。

そうです!Polygonobjです。ご指摘ありがとうございます。
あ、Flashでも使えるんですか?
このスクリプトでT-POT生成 -> オブジェクト保存 -> PV3Dで表示 とかそういう意味ですか?
それともこのスクリプトでごっそり表示可能?

tgさんの公開されてるスクリプトも色々今後使わせてもらおうと思ってますので、わからない点あったら教えてくださいー

どうも、

いやー、このベジェパッチでポリゴンの細かさを計算で変更できるのって、PV3D なり Away3D なりで、カメラからの距離やフレームレートによってメッシュの細かさを調整できたりして素敵って思ったんですが…

JavaScript と ActionScript は、共通点が多いのでコードもほぼそのまま使えたりしますしね。(逆に違いでハマったりするかもですが、、)今度ちょっとやってみようかなぁ。Cheetah3D は Flash 用の 3D モデリング・オーサリングツールとしても結構使えるなぁと思ってます。

それでは、また。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120337/32798969

この記事へのトラックバック一覧です: [Cheetah3D]Utah teapot(ユタティーポット)を作るスクリプトを作った:

« [Tokyo HDR]お台場レインボーブリッジ近辺 | トップページ | 平成二十二年、あけましておめでとうございます »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30