« Cheetah3Dで四角錐を作るポリゴンスクリプトを作ってみる | トップページ | [Cheetah3D]被写界深度タグ »

2009年12月19日 (土)

[Cheetah3D]Random Arrayスクリプトでランダムにマテリアル設定

Pyramid Storm 2

20091219_10522

Random Array.js

作者のtgさんから、コメント頂いて使い方がわかったのでメモ。

20091219_10436

・スクリプトポリゴンオブジェクトの"materials"を適用したいマテリアルの数(アプリの仕様上16まで)に設定。
・スクリプトポリゴンオブジェクトにマテリアルを先ほど設定した数適用してやります。適用したマテリアルタグの"ポリゴン選択セット"を0から順に設定。

tg氏のコメント

ということで、このポリゴン選択セットってのを設定しなきゃいけなかった。

Random Arrayはドカーンとオブジェクト増やせて、楽しくて良いですね。

一番上が、新たにレンダリングしてみた画像。
さらに被写界深度タグを使って、ぼかしを入れてみた。

« Cheetah3Dで四角錐を作るポリゴンスクリプトを作ってみる | トップページ | [Cheetah3D]被写界深度タグ »

Cheetah3D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [Cheetah3D]Random Arrayスクリプトでランダムにマテリアル設定:

« Cheetah3Dで四角錐を作るポリゴンスクリプトを作ってみる | トップページ | [Cheetah3D]被写界深度タグ »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31