« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

夜になりつつある本郷三丁目

Hongo Sancyoume

これは、先々週の金曜日に呑み会に行く前にとった写真。

ここの電灯、こんな高かったのか。

2009年7月30日 (木)

夕方の荒川大橋

Evening at Arakawa-Ohashi

撮ってたストックの中で、よさそうなやつを。
夕方頃、自転車で通った荒川大橋から。

2009年7月28日 (火)

昨日の夕焼け

Sunset in Summer

雨が降った後で、キレイでしたな。

2009年7月23日 (木)

竹下通り

Takeshita Street at Harajyuku, Tokyo

この前、通りかかって、パチッと撮ったスナップ。

すげー人ですな。

2009年7月20日 (月)

虹が出てた

Today's rainbow

夕方、ぷらっと外に出る。

ぱらっと雨がふった直後、ほてほて歩いていると見知らぬ、ばあさまが

「虹が出とるよ。」

とボクの後方を指さして、話しかけてきた。

お、珍しいね。

と撮影。

2009年7月19日 (日)

今日の夕焼け

Today's evening glow

2009年7月17日 (金)

[Tokyo HDR]巢鴨の陸橋

Viaduct in Sugamo

そして今日も暑かった。

Topaz Adjustでの疑似HDR写真。

2009年7月15日 (水)

[Tokyo HDR]夏の線路

Railway track of summer

いや、夏ですな。

チャリで移動すると、だいぶ暑い。

2009年7月14日 (火)

Cheetah3Dのコースティクスを使ってみた

Cheetah3D Caustics

Cheetah3DのExamples/Caustica/Caustics2.jasをマネして、自分でもやってみた。
コースティクスとは、そもそも何か?と言うことで、ヘルプとり引用。

コースティクスは、ワインの入ったグラスやレンズを通って照明が輝く時に見える奇麗な光のパターンの事です

なるほどなるほど。

オブジェクトは、ツール -> スクリプト -> ポリゴンスクリプト -> Menger.js を実行してできるオブジェクトに、サブディビジョンを適用して丸みを持たせたもの。

2

カメラを選択して、タグツールから、コースティクスを選択。
コースティクスの属性をカメラに付与。

3

画面に置いたスポットライトの、コースティクスフォトンを設定。

4

画面に置いたオブジェクトに、マテリアル設定。
アンビエントを0。
ディフューズを0。

に設定することで、ガラスっぽい透明な物質感を出す。

1

トランスパレンシーを設定。
フレネルをチェック。

こんな感じにしてみたら、この画像ができました。

2009年7月13日 (月)

[写真]KORG ELECTRIBE EMX-1 and KAOSS PAD KP3

KORG ELECTRIBE EMX-1 and KAOSS PAD KP3

ひさびさに、ひっぱり出してきて遊んでみたけど、やっぱり良くできてるナー。

面白い。

延々と鳴らしてしまう面白さ。

2009年7月12日 (日)

[写真]閉店後のアップルストア銀座

Apple Store Ginza after closed

Cheetah3Dでパラパラ漫画的テクスチャアニメーション

Untitled from S_Ishimaru on Vimeo.

実験的にやってみたこと。

ドット絵素材は、First Seed Materialさんのものを使わせてもらいました。

2
まずは平面にテクスチャを貼ってみる。
この1枚のテクスチャには、歩くアニメーションが書かれている。

5
アニメーションのキーフレームを設定。
UVオフセットを表示したいキャラクタの位置にあわせて、キーフレームを設定。

Cheetah3Dではキーフレーム間の動きが線形的に保管される。

たいがいのアニメーションでは、それが便利なんだけど、パラパラ漫画的なものだと、イッキに変化させる必要がある。

なので、変化が起きるキーフレームの一つ前にキーフレームを設定。

6
カーブエディタで、変化が起こる一つ前のキーフレームの点を選択。
右に動かせば、このような直角な変化を設定することが出来る。

点を選択したら、右クリック -> 接線 -> リニア。

カーブエディタの表示は、ウインドウのツールバー的なところを右クリック。
表示メニューが表示される。

2009年7月10日 (金)

両国橋周辺ミニチュア写真

Miniature around Ryougoku-Bridge of Edo period

江戸時代はこんな感じですか。

江戸東京博物館のミニチュアは、良くできてるよなー。

2009年7月 8日 (水)

ミニチュア風写真ではなくミニチュア写真

Miniature in Ryougoku-Bridge of Edo period

ティルトシフトレンズを使ったミニチュア風写真・・・・。
では、まったくなくて、江戸東京博物館にあった、江戸時代の繁華街、両国橋のミニチュアを写真に撮ってみた。

繁華街を表現するために、たくさん置いてある人のミニチュアが、良い味出してる。

Cheetah3Dでスプラインに沿ってオブジェクトを動かしてみる

[Cheetah3D]Spline Move from S_Ishimaru on Vimeo.

Examples/Animation/SplineTracking.jas

を見て、興味を持ったので、自分でも試してみた。

3

  • オブジェクト -> ポリゴン -> 球体 で球体を作成。
  • オブジェクト -> スプライン -> 星形 でスプラインを作成。

5_2

  • 球体を選択して、タグメニューからスプライントラッキングを選択。

4

  • スプライントラッキングのタグを選択。パスにスプラインを設定。

6

  • スプライントラッキングタグを選択した状態で、画面左下の、記録ボタンを押して、アニメーションのキーフレームを設定。
  • Pボタン(その他全てのパラメータを記録)を押しておかないと、タグ選択状態でキーフレームが作れないようなので、キーフレームが作れなかったら押す。
  • それぞれの、キーフレームで、スプライントラッキングの位置を設定。アニメーションで動くようにする。

2009年7月 7日 (火)

Ableton Live 8の新機能Looperを使ってのギター演奏

をやってみました。

いや、これ楽しい。
Looperは、ループでずっと音を録音できるプラグイン。

これにギターでバッキングを重ねて録音していって、ギターソロを弾いてます。

ついでにvimeoにもアップロード。

Playing the guitar with Ableton Live 8 Looper from S_Ishimaru on Vimeo.

備前国長船彦兵衛尉忠光

Samurai Sword, Osafune

江戸東京博物館に展示されてた日本刀。

16世紀の作だから、400年前のモノか。

良い仕事してますねー。

2009年7月 5日 (日)

散らかった机の上

Some Gadgets on My Desk

音楽をやろうとすると、なんだかコードやら機材やらで机が散らかりますな。

Topaz Adjustにて色調整。

第参回天下一カウボーイ大会スペシャル対談が掲載!

T01

今年もやりますよ!
天下一カウボーイ大会!

第参回天下一カウボーイ大会

今回、基調講演をお願いしたのは、古川享さん。
その古川さんと、カウボーイ大会レギュラーメンバー、遠藤諭氏、清水亮氏を交えてのスペシャル対談が掲載されました。

第参回天下一カウボーイ大会対談 古川享 x 遠藤諭 x 清水亮 

写真はワタシの撮影ですね(笑
借りたEOS 5D Mark IIにて。

古川さんは、写真家としてアメリカで写真集も発表されている方なので、EOS 5D Mark IIを使っていることにすぐに気が付かれてました。さすが。

今回も渾身のプログラムを作成しておりますので、皆さん是非是非ご参加くださいー。

2009年7月 4日 (土)

[HDR]KORG KAOSSILATOR

KORG KAOSSILATOR

2009年7月 3日 (金)

Cheetah3Dでバレーボールを作ってみた

Volleyballs rendered by Cheetah3D

Cheetah3Dのサッカーボールのチュートリアルを参考に、バレーボールをモデリング&レンダリングしてみた。

このチュートリアルはTGさんが翻訳されたみたいで、ありがとうございますー。

とにかく初心者なもんで、思ったより難しかったんですが、次の手順で作成。

  • 立方体を作成して、X,Y,Z分割数を3にして、それぞれ3つに分割。

1

  • バレーボールは、それぞれの面が3つに分割されている。球状にしてポリゴンを細かくしたときに、それぞれがわかりやすいように、マテリアルを設定して色をつけておいた。
  • 編集可能にする。

2

  • この後は、サッカーボールのチュートリアルと同じ。サブディビジョンと球形化を設定してボール状に。
  • 編集可能にする。

3

  • 色をつけた面をそれぞれ、選択 -> 押し出し。
  • 仕上げにサブディビジョン適用。
  • マテリアルをそれぞれ白に。

こんな感じで作ってみました。

[HDR]KORG DS-10 on Nintendo DSi

KORG DS-10 on Nintendo DSi

2009年7月 2日 (木)

[HDR]KORG KAOSS PAD mini-KP

KORG KAOSS PAD mini-KP

手近ガジェットシリーズ、その2。

サッカーボールをCheetah3Dでそれなりにカッコよくレンダリングしてみた

Soccerball rendered by Cheetah3D

Cheetah3Dを買ったものの、あんまり使い込んでなくてよくわからない。
なんで、いつものように小さい事からコツコツと、手を動かしてやってみるか。

と、とりあえず簡単にカッコ良く出来そうなモノを作ってみた。

手順的には、次の作業

  • Examplesに入っているSoccerball.jasを読み込み。
  • 床になる平面を追加。
  • 床になるマテリアルを設定。ツルツルピカピカに映り混むように、リフレクションの強さを1.0に設定

2_2

  • カメラのプロパティから、カメラライトをオフ。
  • 点ライトを3,4個追加してライティング。
  • サッカーボールを位置調整。
  • レンダリング。レンダリングに際して、画像サイズをどこで設定するんだ?と思ったらカメラのプロパティにあった。1280 x 1280に設定してレンダリング。

1

そんな感じでやってみた結果がこれ。

小さい目標を設定して、コツコツ手を動かしてやってきますかねー。

2009年7月 1日 (水)

[HDR]KORG KAOSS PAD KP3

KORG KP3

手近ガジェット系の写真でも撮ってみるかっと、撮ってみました。

また使おうかなと思って引っ張り出してきた、KP3。

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31