« [Context Free]太陽 | トップページ | [Structure Synth]トゲトゲしたモノ »

2009年3月 8日 (日)

Context Freeの3D版、Structure Synthで遊んでみる

1
Context Freeもだいぶわかったので、次は3D版のStructure Synthを触ってみた。
Structure Synthは、スクリプトで操作するモデラーみたいなもので、レンダラーはsunflowを使うのが良いようだ。

で、とりあえずContext Freeで作った太陽の3D版を作ってみた。

Sun_2

set maxobjects 160000
set background #fff

// 地面用オブジェクト
{s 300 300 1 z -1.5 hue 200 sat 0.5}box
// 太陽マーク
{s 0.1}sun

rule sun{
    36 * {rz 10 y 0.8}curveline
}

rule curveline{
    200 * {rz 1 s 0.97 y 1.0 hue 2}abox
}

rule abox{
    {s 1 0.7 1}box
}

かっちょえー!
なかなか良いじゃないですか!

いくつか面倒な点があったので、手順についてメモ。

-- 1 --

Structure Synthでスクリプトを書いてレンダリングしたいものが出来たら、
Render -> Template Render To File -> sunflowmulticolored.rendertemplate
で、sunflow用のScene Fileを作成する。
ここでの留意点は、Structure Synthが拡張子を指定してくれないので、自分で拡張子.scを指定してやる必要がある。

-- 2 --

Sunflow起動。Macではターミナルから、

#  java -server -Xmx1024M -jar sunflow.jar

で起動。

-- 3 --

Sunflowの
File -> Open
で先ほどのScene Fileを読み込み。
Renderボタンでレンダリング。

-- 4 --

レンダリングが終わったら、画像に保存。
Image -> Save Image
で。

ここでの注意点は、このSave Imageでpngファイルが保存できるのだが、拡張子が指定されない。
自前で.pngと指定する。

« [Context Free]太陽 | トップページ | [Structure Synth]トゲトゲしたモノ »

Structure Synth」カテゴリの記事

コメント

I will recommend not to wait until you earn big sum of cash to order goods! You should get the business loans or collateral loan and feel yourself fine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120337/28519698

この記事へのトラックバック一覧です: Context Freeの3D版、Structure Synthで遊んでみる:

« [Context Free]太陽 | トップページ | [Structure Synth]トゲトゲしたモノ »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30