« 安倍さんの同人誌が面白い | トップページ | 日本の「電脳空間カウボーイズ」が世界の「Cyber Space Cowboys」へ!iTunes Storeにてサウンドトラックの全世界配信開始! »

2009年2月 5日 (木)

[書評]哲学的な何か、あと数学とか

哲学的な何か、あと数学とか Book 哲学的な何か、あと数学とか

著者:飲茶
販売元:二見書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ここ数日、楽しく読んだ本。

360年間、あらゆる数学的天才が挑戦し続けた悪魔的難問、フェルマーの最終定理

1994年にアンドリュー・ワイルズの8年がかりの必死の研究によって、ついにこの悪魔的難問は証明されることになるのだが、この難問に挑んだ数々の数学者達の話。

まぁ、ワタクシ数学自体は、テンソルも理解してないくらいなので、難しい話をされてもわからないのだが、この難問に関わった人たちの、挑戦、挫折、発見の人間ドラマが面白く描かれている。

最近、こういう「科学ライトノベル」とでも言えば良いのか、

「理数系、科学研究周辺の人間ドラマ」

に目がないワタクシとしましては、大変面白かった。

数々の天才の挑戦を退け続けてきた、悪魔の難問に、最後の挑戦者アンドリュー・ワイルズが運命的な挑戦をはじめる話が、どうにもこうにも盛り上がる。

かなり数学的な難しいところは簡潔にして、人間ドラマ中心で面白く書かれているので、肩が凝らずに楽しめる面白読み物。

面白い。

« 安倍さんの同人誌が面白い | トップページ | 日本の「電脳空間カウボーイズ」が世界の「Cyber Space Cowboys」へ!iTunes Storeにてサウンドトラックの全世界配信開始! »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [書評]哲学的な何か、あと数学とか:

« 安倍さんの同人誌が面白い | トップページ | 日本の「電脳空間カウボーイズ」が世界の「Cyber Space Cowboys」へ!iTunes Storeにてサウンドトラックの全世界配信開始! »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31