« あけましておめでとうございます in 2009 | トップページ | ネットギタリストの女の子、Steve Vaiのステージに立つ »

2009年1月 4日 (日)

DS-10除夜の鐘のオレ流サウンドメイク

DS-10除夜の鐘のまとめ動画もアップされました。
ワタクシのシン石丸寺は、9分13秒頃。

http://dtm.e-nen.info/src/up5626.mp3

あんまり時間置くと、どうやって音作ったか忘れそうなの書いときますかね。

基本的な考え方として、
「お寺の鐘は、色々な周波数の音が出る、巨大な音叉みたいなものだろう」

という、推測から音を作りました。

除夜の鐘を聴いてみて、
「ごおぉーーーーーーーーーーーーーーーぉぅぉぅぉぅぉぅぉぅん・・・・。」
という、最後のほうに響く音の余韻が、ギターの弦を音叉でチューニングした時の周波数の微妙にずれた音を重ねた時のよう。

なんで、そういう考え方でどうかなと。

R0015782

SYN1とSYN2を使っていて、両方D4を2音LEGATOで。
BPMは30。

R0015783

R0015784

全て三角波で、VCO2 PITCHは、適当にオクターブ上より若干ずらし、PITCHもそれぞれのVCOで若干ずれるように。

また、鐘をついたときの音量を稼ぐために、EGをVCA INに歪まない程度。

SYN1は、基本となる鐘の低音部を担当。

R0015786

R0015787

SYN2は、鐘の倍音成分となる高い音。
VCO2 PITCHは、フィーリングで適当な位置に。

うねりが出るように、FREQを心持ちSYN1より、づらす。

他は基本同じ感じ。

R0015788

R0015789

ミキサーはフル10。
エフェクトは、FLANGERを選択。

ascii.jpさんに他の方々のサウンドセッティングが書かれた記事も出てきます。

http://ascii.jp/elem/000/000/201/201366/

« あけましておめでとうございます in 2009 | トップページ | ネットギタリストの女の子、Steve Vaiのステージに立つ »

KORG DS-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120337/26780472

この記事へのトラックバック一覧です: DS-10除夜の鐘のオレ流サウンドメイク:

« あけましておめでとうございます in 2009 | トップページ | ネットギタリストの女の子、Steve Vaiのステージに立つ »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31