« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月26日 (金)

驚異のブルーカレーCyberSpaceCurryBoysの姉妹品、ANODOSカレーが登場

R0015646

夏の第弐回天下一カウボーイ大会後のaltyパーティーで配布され、
ネットの一部に衝撃を与えた驚異のブルーカレー、CyberSpaceCurryBoys

我々、電脳空間カウボーイズのライバル、マサラ福神が姉妹品、ANODOSカレーをリリースしたとのこと。

公式サイトによるとグレーカレーとのこと。

実際、どのようなカレーが出てくるのか、気になるところです(笑

2008年12月23日 (火)

KORG DS-10除夜の鐘祭りに参加してみる

Pc233121

DS-10プロデューサーの佐野電磁氏より、
「2chのDS-10スレで、除夜の鐘の音を作るのが流行っているので、作ってみてくれませんか?」

的なメールが届き

KORG DS-10 PTN 11 - 2ch

http://www.ds10blog.jp/?p=818

それでは作ってみますと、作ってみました。

http://dtm.e-nen.info/src/up5626.mp3

これは結構悩んだ!

最初、全然それっぽくならなくて、ダメだ!無理じゃね、これ?
と思ったんですが、まぁまぁ及第点と思えるものに、なんとかなりました。

これはしかし、お題がよかったですね。
難しいけど、それっぽくするポイントは考えると見えてくる。

良作パズルのよう。

祭りが一段落したら、自分なりにつかんだポイントとかを書いてみようかな。
年明けにでも。

2008年12月21日 (日)

デジカメの写真をHDムービーにしてYouTubeにアップロードする

HD MOVIE

前に写真のスライドショーをムービーにして、YouTubeにアップしたら、
かなり哀しい感じの画質になってしまったのだが、

最近YouTubeもHDに対応。

HDがかなりキレイなので、これなら良いんじゃない?
と、やってみました。

なかなか画質的には良いんじゃないでしょうか。
写真は、GR Digital 2で夏に撮影した、新宿副都心界隈。

やり方は、iPhotoのスライドショーを表示して、iShowUで画面キャプチャムービーを作成。
iPhotoから、QuickTimeムービーを書き出せますが、最大640 x 480までだったので、iShowUでキャプチャすることにしました。

そしてiShowUで出来たムービーを、QuickTime Proで、1280 x 720のH.264でムービー書き出し。

6

注意点としては、フレームレートを25にして、ムービーを書き出さないと、HDムービーの長さがおかしくなってしまう様子。

これが失敗例。

失敗HD MOVIE

要注意ですな。

あと、キャプチャ時にマウスが写りこまないように注意(笑
マウスが写ってるのに、今気がついた(笑

2008年12月19日 (金)

[書評]できそこないの男たち

できそこないの男たち (光文社新書) Book できそこないの男たち (光文社新書)

著者:福岡伸一
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

面白かった。

分子生物学者の、福岡氏が面白く語る、性別の起源について。

生物の基本仕様はデフォルトではメスである。
生物は遺伝子の交換のために、後付でオスを作った。
オスはメスを強引に仕様変更したもので、生物的に無理がある。
そのため、世界中の全ての国で男は平均寿命が短い。

男は病気に弱く、生物として女よりもはるかに弱く死にやすい。

という論旨。

なるほどねー、面白い。

弱きもの、汝の名は男なり。

2008年12月17日 (水)

電脳空間カウボーイ忘年会

R0015497

昨日12/16に開催された、カウボーイ忘年会。
色々な面白カウボーイに、ご来場いただきました。
ありがとうございました!

詳しい様子は、こちら。
電脳空間カウボーイ忘年会 無事終了!

個人的には写真(左から、佐野信義氏、加来徹也氏、id:kzk)の、光景が面白かったです。

KORG DS-10プロデューサーの佐野信義氏と、DS-10を操作してみる、はてなブックマークの検索エンジン開発を行ったid:kzkの、この2ショット(笑

こういうよくわからない組み合わせは、カウボーイ忘年会ならではかなーっと。

いやー、面白かった。

2008年12月15日 (月)

海外のシンセマニアBLOG、MATRIXSYNTHに取り上げてもらった

1_2
海外のシンセマニアブログ、MATRIXSYNTH

諸々YouTubeにあげたムービーを載せていただきました。

http://matrixsynth.blogspot.com/2008/12/korg-nanopad-ds-10-and-logic-pro-8.html
http://matrixsynth.blogspot.com/2008/12/korg-ds-10-multi-viewmulti.html
http://matrixsynth.blogspot.com/2008/12/korg-ds-10-jam.html

Thanks, MATRIX!

YouTubeのHD画質がかなりキレイ

1

KORG nanoPAD, DS-10 and Logic Pro 8 Effects - HD画質

かなりキレイですね。
Logicの画面がよく見える。

これだけキレイな画質でアップできるとなると、もっと高解像度でとれるカメラがほしくなっちゃいますね。
1280 x 720でムービー録画できる、Xacti とか気になる。

SANYO ハイビジョン デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-HD800 ゴールド DMX-HD800(N) SANYO ハイビジョン デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-HD800 ゴールド DMX-HD800(N)

販売元:三洋電機
発売日:2008/08/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

HD画質用のURLは、次のサイト参考に。

YouTube動画をHD画質で観る、そしてEmbedする方法

iPhone SDK本が来年早々発売

自作アプリをApp Storeで世界に向けて販売できる!! iPhone SDKプログラミング大全 Book 自作アプリをApp Storeで世界に向けて販売できる!! iPhone SDKプログラミング大全

著者:木下 誠
販売元:アスキー・メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ついにiPhoneプログラミング本出るんですね。

著者はCocoaプログラミングの木下さんですか。

2008年12月13日 (土)

KORG nanoPADでなんちゃってKAOSS PAD

新しいおもちゃ、KORG nanoシリーズを使って遊んでみました。

KORG SLIM-LINE USB CONTROLLER nanoPAD KORG SLIM-LINE USB CONTROLLER nanoPAD

販売元:KORG
発売日:2008/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さぁ、楽しい音楽の時間デス(ミルヒー@のだめ

これちょっと複雑なんで説明。
まずKORG DS-10で音を鳴らして、その音をLogicで録音。

この曲はKORG DS-10 EXPO 2008用に作ってあった4曲目。
4曲くらいないと、出演枠の20分うまらないかと思ったら、3曲で時間的に充分だったので演奏しなかった曲。
もったいないので、出してしまおうと。

で、nanoPADのパッド・コントローラーをLogicのエフェクトに関連づけ。

X座標が、イコライザーのハイパスフィルター。
Y座標が、ディレイの音量。

触ると、イコライザーとディレイがON。
離すと、イコライザーとディレイがOFF。

になるようにしたと。
これで、なんちゃってKAOSS PADのできあがり。

【在庫OK!★送料無料!】KORG KAOSS PAD KP3 【在庫OK!★送料無料!】KORG KAOSS PAD KP3

販売元:クリエイターズランド楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

Logic上では、nanoPADからの信号を処理するために、このようなエンバイロメントを組んだ。

1_2

vimeoにも同内容のビデオをアップロード。


KORG nanoPAD, DS-10 and Logic Pro 8 Effects from S_Ishimaru on Vimeo.

なかなか面白かった。

このビデオは、次の二つのビデオにインスパイアされました。
DenkitribeさんのDouble Kaoss。

そして、イタリア人DJ、fabrizioggさんのLogic 8 Environment。

しかし、アメリカと香港に1回ずつしか海外に行ったことがないオレが、唐突にイタリア人DJに影響を受けてしまうのは、ネット時代の面白さですね。

Final Cut ExpressでHD動画のレンダリング設定

2

最近はYouTubeもHD対応して、HD画質でムービーをレンダリングする機会も、結構あります。

ムービーの縦横比がおかしくなったりして、作り方で悩んだんで、ちょっとメモ。

3
Final Cut Express HD -> 簡易セットアップで、選択。
これはプロジェクト作成直後(または作成前)に設定しておかないとダメみたい。

1
ファイル -> 書き出し -> QuickTime変換を使うからの、ムービーのサイズ設定。

とりあえず、これが正解かはよくわからないんだけど、問題なさそうなムービーが出来ているので、これでいいんじゃないかと。

現状のメモ。
更新される可能性高。

2008年12月12日 (金)

Logicの再生ボタンなどなどのボタンにKORG nanoKONTROLのボタンを割り当てる

R0015394

割とあっさりわかったんだけど、技術メモ。

1

Logicの環境設定 -> キーコマンド を開く。

2

録音、再生などの割り当てたい操作を選択して、左下の"新規割り当てを登録"ボタンを押す。

そのうえで、nanoKONTROLのボタンを押すと、そのボタンが操作に割り当てられる。

3

ループ再生っぽいボタンを割り当てたい、"サイクルモード"がなかなか見つからなかったんだけど、このあたりにあります。

2008年12月10日 (水)

KORG nanoシリーズの黒を買う

KORG nanoKONTROL Black

KORG nanoKONTROL Black 2

KORG - nanoシリーズ

買いました。

お茶の水の石橋楽器にいったら、店頭には白しか無し。
「黒いヤツもそろそろ出ると思うんだけど、ないですか?」

と、店員さんに聞いてみたところ、

「まだ出してないですけど、今日はいりました。これです。」

と足下の段ボールを指さし、その場で空けて出してもらいました。
こういう買い方は、微妙にうれしい。

しかし最近、納税的に新製品を買うメーカーはAppleとKORGになりつつある今日この頃。

Appleさんは、出してくるモノの単価が高いので、
「いやいや、まだこのMacBookは使える使える・・・・。」

とスルーもしやすいのですが、KORGさんのは、微妙に買いやすい価格帯のため思わず買ってしまうという。

はてさて、とりあえず買うだけでもあれなんで、使ってみましょう。
モノは使ってナンボ。

nanoKEYのKORGロゴが光るのはカッコイイですな。

KORG SLIM-LINE USB KEYBOARD nanoKEY BLACK CE KORG SLIM-LINE USB KEYBOARD nanoKEY BLACK

販売元:KORG
発売日:2008/12/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する




2008年12月 9日 (火)

Logic Pro 8のエンバイロメントを設定してMIDIコントローラーでツマミを動かす

MIDIコントローラーからLogicのフェーダーやらcutoffなどを操作したい。
きっと簡単にできるだろ。
どうやらエンバイロメントってやつを設定すればいいんでしょ。

とやってみたら、さっぱり出来なくて、かなりのハマリ!
説明書見ても、エンバイロメントに置く各パーツの機能は書いてあるんだけど、どうつなげたら、MIDIコントローラーからLogicのパラメータが動かせるのかさっぱり書いてない!

ネットで検索しても日本語圏には、情報発見できず!
なんで、とりあえずワタクシやり方を理解したので、書いておきます。

やりたかったのは、このムービーのようにMIDIコントローラーのツマミを動かすとLogic上のツマミも動くということ。

最近、YouTubeもHD画質に対応したとのことなので、HDでアップしてみました。

目的は、Inst 1で使われているシンセ音源ES MのcutoffをMIDIコントローラのツマミから動かすこととします。
使用したMIDIコントローラーは、KORG padKontrolです。

まず、Logicのウインドウ->エンバイロメントで、エンバイロメントを開きます。

1

ミキサーのレイヤーから、ES Mの使われているInst 1をクリップポートに移動します。
Inst 1を選択し、optionキーを押しながら、クリックポートに移動します。

3

新規->モニタで、モニタを追加。
Inst 1に接続します。
そのうえで、今回動かしたい、ES MのCutoffを回してみます。
モニタにこれで発生するMIDI信号が表示されます。
モニタに表示されている

F 2    3    105
F 2    3    106
F 2    3    107

が、それです。

4

次にフィジカルインプットにモニタを接続。
CutoffをアサインしたいMIDIコントローラーのツマミを動かしてみます。
これで、MIDIコントローラーのツマミを動かすと、どのようなMIDI信号が送られてくるかがわかります。

6

新規 -> フェーダー -> ノブ1 を追加して、モニタから接続。

Output:フェーダー
チャンネル:2
-1:3

Input:コントロール
チャンネル:10
-1:20

に設定。
MIDIコントローラからの入力がチャンネル10。
Cutoffを動かした時の信号が、フェーダーでチャンネル2。

のため、このように設定。

8

ノブをInst 1に接続。
で、これで完成と。

ついでに、ボリュームのフェーダーも動かせるように、cutoffのノブの下に、volというフェーダーも追加しています。

これもボリュームフェーダーを動かしてみて、どういうMIDI信号が発生するかモニタで見る。
アサインしたいツマミのMIDI信号をモニタで見る。
フェーダーを追加して、Input、Outputを対応するように設定
することで出来ます。


2008年12月 8日 (月)

Denkitribe氏とのKORG DS-10マルチプレイ

KORG DS-10を一人でやるのも、それはそれで楽しいんだけど、もうちょっと何人かで楽しくやりたい。

と思って、Denkitribe氏に付き合ってもらって、DS-10のマルチプレイで遊んだ動画をYouTubeとvimeoにアップしました。

vimeoは最近流行ってるらしいので、お試し。


KORG DS-10 Multi View,Multi Play(Denkitribe & S_Ishimaru) from S_Ishimaru on Vimeo.

こういうマルチアングルの同時進行で、音楽が進んでいく動画も結構面白いんじゃないかと思います。
お互い、こういうことやってたんだなっていうのが後からわかって、なかなか面白いですね。

実際やったのは1週間ほど前なのですが、Final Cut Expressの使い方がよくわからず時間かかりました。
でも、こういうマルチアングル動画の作り方がわかって勉強になりましたよ。

Final Cut Express 4.0 Software Final Cut Express 4.0

販売元:アップルコンピュータ
発売日:2007/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いやはや、マルチアングル動画はかねてからやりたいと思ってたので、作り方がわかってよかったなー。

2008年12月 4日 (木)

新宿の逢魔ヶ刻

新宿の逢魔ヶ刻

夕方、新宿に行ったら、とても良い感じでした。

こういう、ちょっと怖い感じの夕方を逢魔ヶ刻って言うんでしょうね。

2008年12月 3日 (水)

MacBookのハードディスクを500Gに

R0015244

320Gのハードディスクがいっぱいになってきて、苦しくなってきたので、ウェスタンデジタルの500Gに交換しました。

WD5000BEVT

ディスクユーティリティーをMAC OSのインストールディスクで、起動してコピーしなきゃいけないのを忘れてて、若干はまり。

昔の自分のブログエントリーを良く読めと

しかし、ワタクシのMacBook(Late 2006)もハードディスク交換4度目。

120G -> 200G -> 250G -> 320G -> 500G

もう2.5インチハードディスクが余って仕方ない。

R0015329

しかし、今回の交換は増加量的には、今までの比になりませんな。
一気に180Gの容量アップ。

2008年12月 2日 (火)

ビジュアライジング・データ座談会

ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法 Book ビジュアライジング・データ ―Processingによる情報視覚化手法

著者:Ben Fry
販売元:オライリージャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

R0015249

土曜日にdenkitribe氏(この場合はKZR氏かな)に誘われて行ってみた、増井俊之さん監修の、ビジュアライジング・データの座談会(呑み会?)に行ってみました。

渋谷のBarTube。

発表してる人たちの発表内容が面白かった。

浜本階生さんの、voronoi treemapを使った、はてな勢力地図(?)HatenaMaps。ニュース勢力図、Newsgraphy

2

へー、Google Map APIって独自の地図データも表示できるのか。
あとvoronoi treemapの表示も面白い。

この方、TopHatenarとかも作ってるのか。
これは知ってた。
まさにビジュアライジング・データ。

Satoru Higaさんの、ビジュアル音響プログラミング言語、VP3L

4

http://www.lalalila.org/vp3l/img/modulation.mov

これHigaさんのデモでは、すごいテキパキ使ってたんだけど、オレがダウンロードして使ってみたら、さっぱりどうやっていいのか、わからなかった(笑

でも面白そう。

ドミニク・チェンさんのTypeTrace

いやはや、面白いことやってる人はいるねー。

そして、主賓の増井さん

R0015267

増井さんがProcessingで作った、エスカレーターの片側を空けるのが、いかに無駄かを証明するためのシミュレーションが、面白かった。

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30