« [DS-10研究]音程が上がっていって金属感が強くなる音 | トップページ | [DS-10研究]アナログシンセリード音らしさを出すにはPORTAの隠し味が重要 »

2008年9月27日 (土)

[DS-10研究]VCAを使った高速ON/OFFでの疑似32分音符プレイ

自分なりにやってみたテクニック。

R0014555

PATCHでVCA INを右にめいっぱい切って、パルス波を入れると音のON/OFFが出来ます。
これを利用して、FREQをかなり短く調整して、擬似的に32分音符っぽく聞こえるようにしてみたのがこれ。

「onoff2.mp3」をダウンロード

DS-10では16分音符までしか打ち込めないので、かなりの高速フレーズに聞こえますね。

このPATCH設定をしていない、元のフレーズはこんな感じ。
「onoff1.mp3」をダウンロード

なんつーか、エディー・ヴァンヘレンのハミングバードピッキングみたいな感じですね。

« [DS-10研究]音程が上がっていって金属感が強くなる音 | トップページ | [DS-10研究]アナログシンセリード音らしさを出すにはPORTAの隠し味が重要 »

KORG DS-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120337/24027507

この記事へのトラックバック一覧です: [DS-10研究]VCAを使った高速ON/OFFでの疑似32分音符プレイ:

« [DS-10研究]音程が上がっていって金属感が強くなる音 | トップページ | [DS-10研究]アナログシンセリード音らしさを出すにはPORTAの隠し味が重要 »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31