« ブログのプロフィール画像をカサハラテツロー氏が描いてくれたイラストにした | トップページ | DSの画面撮影用ボックスを作った »

2008年9月18日 (木)

[DS-10研究]VCAやらEGやらのアナログシンセ各部の名称

ボクも結構適当なところがあるんで、各部の名称みたいのをイマイチ覚えない。
「なんとなくこんな感じでしょ?」という機能的にはわかってるんだけど、名称とかはだいたい後回し。

なんで、この英語の略称はなんなんだ?という点が結構あったのでまとめてみた。

ちょっと画面写真の撮り方を、一工夫したので、今回から若干キレイに(笑

R0014513

このアナログシンセの基本設定画面に出てくる部位の名称まとめ。

VCO (Voltage Controlled Oscillator)
 ボルテージ・コントロールド・オシレータ。基本波形を発生させる発信器。

VCF (Voltage Controlled Filter)
 ボルテージ・コントロールド・フィルター。音の波形を加工する。ある周波数を基準に、それより高い周波数、低い周波数、その両方をカットするフィルター。

VCA (Voltage Controlled Amplifier)
 ボルテージ・コントロールド・アンプ。音量を制御する。

EG (Envelope Generator)
 エンベロープ・ジェネレーター。音の時間的変化を制御する。

R0014510

パッチング画面。

MG (Modulation Generator)
 モジュレーション・ジェネレーター。周波数を制御信号として音声信号の制御回路に送り、周期的な変化を与える。
 MGはKORG独自の用語で、他のシンセサイザーではLFOと表現される。

FREQ (Frequency)
 その名の通り、周期、周波数、時間のこと。音の変化の周期。

S&H (Sample & Hold)
 ランダムな値を出力する。

いやはや、わかったわかった。
まとめてみたら、勉強になった。

参考文献は、wikipedia、KORG DS-10説明書、およびKORG DS-10公式ガイド。

サクっと遊べる KORG DS-10 KORG DS-10公式ガイド Book サクっと遊べる KORG DS-10 KORG DS-10公式ガイド

著者:小谷野謙一,エクスパ
販売元:ソシム
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ブログのプロフィール画像をカサハラテツロー氏が描いてくれたイラストにした | トップページ | DSの画面撮影用ボックスを作った »

KORG DS-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120337/23846219

この記事へのトラックバック一覧です: [DS-10研究]VCAやらEGやらのアナログシンセ各部の名称:

« ブログのプロフィール画像をカサハラテツロー氏が描いてくれたイラストにした | トップページ | DSの画面撮影用ボックスを作った »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30