« [DS-10研究]クロスモジュレーションを使った特殊効果音 | トップページ | [DS-10研究]音程が上がっていって金属感が強くなる音 »

2008年9月24日 (水)

[DS-10研究]音程を上げながら音量を下げてフェードアウト

DEMO-2のPATTERN2で使われているテクニックを自分なりにやってみた。

こんな感じです。
「upfx1.mp3」をダウンロード

R0014539

R0014540

音が厚いほうが好きなので、VCO2を混ぜて5度上に設定。
ほかはまぁ、PATTERN2からの流用。

音程の上昇はPATCHでノコギリ波を、PITCHを一番左に切ってマイナス方向(逆)に作用させることで行っている。

音量の減衰はVCFで行っている。CUTOFFを一番右に回してフィルターをHPF(ハイパスフィルター)にしてある。

これだと基本音は出ないが、EG INTを一番左に回して、EGをマイナス方向に作用させることで、最初は普通に音が出ながら、段々とCUTOFFが元に戻り、高域しかならなくなる。

R0014541

PITCHを逆に一番右にまわすと、普通にノコギリ波が作用するので音程は下降。
「upfx2.mp3」をダウンロード

R0014543

CUTOFF一番右でEG INTを左に回して、HPFにしてるんだったら、逆にしてみよう。
CUTOFF一番左でEG INTを右に回して、LPFでも、だいたい同じなんじゃね?

とやってみたら、まぁフェードアウトする点では似たような感じ。

「upfx3.mp3」をダウンロード

ただ、減衰していく音成分が、高域か低域かの違いはありますね。
音楽的にどっちの方があうかを判断して、使い分けると良さそうですね。

« [DS-10研究]クロスモジュレーションを使った特殊効果音 | トップページ | [DS-10研究]音程が上がっていって金属感が強くなる音 »

KORG DS-10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120337/23974774

この記事へのトラックバック一覧です: [DS-10研究]音程を上げながら音量を下げてフェードアウト:

« [DS-10研究]クロスモジュレーションを使った特殊効果音 | トップページ | [DS-10研究]音程が上がっていって金属感が強くなる音 »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31