« Logicのリージョン内のパラメータ変化を設定できるハイパードロー | トップページ | トイカメラOKTOMATで遊ぶ »

2008年3月20日 (木)

FL STUDIOで作ったmidiファイルをVocaloidで読み込ませる

VOCALOIDのエディタは、まぁ普通のマトリックスエディタなんだけど、そんなに高機能なわけでもないので微妙に不便だなーと思う時が多々ありました。

今日、DTMマガジンの4月号を読んでたら、他のDAWソフトでMIDIを作って読み込ませられるというTIPSが書いてありました(記事中ではCubase)。

DTM MAGAZINE 2008年 04月号 [雑誌] DTM MAGAZINE 2008年 04月号 [雑誌]

販売元:寺島情報企画
Amazon.co.jpで詳細を確認する

あー、なるほど。
そういうこと出来るのね。
普通のMIDI読み込めるもんな、そういえば。

それでは僕なりに、手持ちのFL STUDIOでやってみようとやってみました。

1
まずは、FL STUDIOで、ドレミファソラシドを入力。

「cde.mp3」をダウンロード

ここまでできたら、MIDIに出力。

2
・TOOLS -> Macros -> Prepare for MIDI export  
・FILE -> Save as から、MIDIファイルを保存

これで、このドレミファのMIDIファイルが出るので、Vocaloid2起動。

4

・ファイル ->  開く から、保存したmidファイルを開く。

5

すると、FLで作ったドレミファが読み込まれ、初音ミクさんが歌ってくれます。

「miku-cde.mp3」をダウンロード

これは便利。
メロディーを作るのは楽になりますね。

 

« Logicのリージョン内のパラメータ変化を設定できるハイパードロー | トップページ | トイカメラOKTOMATで遊ぶ »

「FL STUDIO」カテゴリの記事

「Vocaloid」カテゴリの記事

コメント

FL12 でもこの通りにやることで Vocaloid4 Edior 上で MIDI を読み込むことが出来ました!

ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120337/11536681

この記事へのトラックバック一覧です: FL STUDIOで作ったmidiファイルをVocaloidで読み込ませる:

« Logicのリージョン内のパラメータ変化を設定できるハイパードロー | トップページ | トイカメラOKTOMATで遊ぶ »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31