« Flickrの写真をかっこよく3D表示してくれるFlickrFlowがなかなか良い | トップページ | PHPはクラス名を変数で持ってnewとか出来るのか »

2008年2月18日 (月)

Logicでリージョンを時間位置にスナップさせる

4_2

Logicで作曲してて、この機能をどこで設定してよいのかわからず困ってたんだけど、ちょっと調べてみたら単純なことでした。

アレンジ領域の上部にある「スナップ」で、あわせたい時間単位を指定するだけ。

打ち込みのためのピアノロールでも、ピアノロール上部の「スナップ」で音の長さ、位置を指定の時間単位にスナップできる。

5

ちなみに、この選択肢の中のディビジョンは、トランスポートバーで設定された値のこと(トランスポートバー右下の値)。

なんだ、そうだったのか。

やっぱり何かするときは、こういう知識的下準備が重要ですな。怠ると効率がわるい。

« Flickrの写真をかっこよく3D表示してくれるFlickrFlowがなかなか良い | トップページ | PHPはクラス名を変数で持ってnewとか出来るのか »

Logic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Logicでリージョンを時間位置にスナップさせる:

« Flickrの写真をかっこよく3D表示してくれるFlickrFlowがなかなか良い | トップページ | PHPはクラス名を変数で持ってnewとか出来るのか »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31