« [書評] 迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか | トップページ | Papervision3D 2.0を試してみた »

2008年2月28日 (木)

ものを触れる3D入力デバイスを大先生が買った

FALCON

昨日の夕方頃、大先生がイソイソとオレの近くにやって来て、
「今日はアキバにいかんのか。買いたい物があるんだが・・・」
とおっしゃる。

「はぁ?なに買いたいの?」
「いや、ハチミツの中に手を突っ込んだりできるデバイスが売ってるらしい・・・。」

「・・・・・・・・(何いってんだ、こいつは・・・・・)」
と思ったら、これのことだった。

AKIBA PC Hotline!: 「ものを触れる」3Dゲーム入力デバイスが発売に

「はやく行かないと、売り切れてしまう。」
「売り切れねーよ!!!今半径50Km以内で、これをそんなに買いたがってるのはアンタしかいないから!!!」

と、とりあえずツッコミを入れて、User's Sideに行って買ってきました。

モノとしては、確かに若干面白いです。
動かしてみると、ツルツルしてたり、ゴツゴツしてたら、ザラザラしてたりするのがわかります。

しかし、妙にシュールなのが、これを動かしてる人しか、その感覚がわからない点。
「お、ツルツルしてる!!!」

と、やってる人がいっても、
「こいつは一体なにをいってるんだ??」

という雰囲気が全体に漂うという、なかなかの味出しデバイス。
好事家の方は、買われてみてはいかがでしょうかと、無駄にすすめてみるライフハック。

« [書評] 迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか | トップページ | Papervision3D 2.0を試してみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ものを触れる3D入力デバイスを大先生が買った:

« [書評] 迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか | トップページ | Papervision3D 2.0を試してみた »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30