« XAMPPでユーザ毎のウェブディレクトリを有効にする | トップページ | MACのEclipseのテキストファイルエンコーディング »

2007年6月 7日 (木)

XAMPPへのSmartyのインストール

かなりあっさり出来たけど、一応メモを残しておきますか。

1. Smartyのサイトからファイルをダウンロード。

2. 自分のホームディレクトリで展開

$ tar xvzf Smarty-2.6.18.tar.gz

3. xamppのlibディレクトリの中に置く

$ mv Smarty-2.6.18 Smarty
$ mv Smarty/ /Applications/xampp/xamppfiles/lib/php

4. これでほぼ終了。テストコードを動かしてみる。まずTestSmarty.phpという名前のphp作る。

<?php

require_once("Smarty/libs/Smarty.class.php");

class TestSmarty extends Smarty {

  function TestSmarty () {

    $this->Smarty();

    $mydir = dirname(__FILE__);
    $this->template_dir = "$mydir/templates/";
    $this->compile_dir = "$mydir/templates_c/";
    $this->config_dir = "$mydir/configs/";
    $this->cache_dir = "$mydir/cache/";

    $this->caching = 0;
  }
}

?>

あとは、templateディレクトリに適当なテンプレートファイルを置いて、こんな感じのphpを書けば動いてるのが、確認できる。

<?php
require_once('TestSmarty.php');

$objSmarty = new TestSmarty();
$objSmarty->display('test.html');
?>

« XAMPPでユーザ毎のウェブディレクトリを有効にする | トップページ | MACのEclipseのテキストファイルエンコーディング »

XAMPP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120337/6698457

この記事へのトラックバック一覧です: XAMPPへのSmartyのインストール:

« XAMPPでユーザ毎のウェブディレクトリを有効にする | トップページ | MACのEclipseのテキストファイルエンコーディング »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30