« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

iMovieのフレーム

iMovieでムービー編集をしていて知ったんだけど、iMovieの時間表示の単位は、秒以下はフレーム数なんですね。

[iMovie HD Help] フレームについて

精密に、秒数計算したい時って、主に音楽の変わり目に正確に合わせたいときだと思います。

例えば、テンポ140の曲で、4/4で1小節で画面を切り替えたいとしたら、

60(sec) / 140 * 4 =  約1.7秒

1.7秒で画面を切り替えたいなら、

10 : 7 =  30 : X

x = 21

なので、iMovie上では、1:21 (1秒と21フレーム)で画面を切り替えれば良し。

ってことですね。

2007年6月29日 (金)

Adobe AIRでPapervision3Dを使ってみる

3_4
Adobe社が開発中のFlash技術を利用したデスクトップアプリケーションの実行環境。

AIR(Adobe Integrated Runtime)。

こいつをまだ試したことなかったので、試してみました。

まず、開発環境のインストール。

基本的には、んぱかさんとこのAdobe AIRメモ参照

現状、Eclipseベースの統合開発環境、Flex Builder 3もβ版ということで使用することができるので、こちらをインストール。

アタシの場合は、Eclipse 3.2をインストール済みなので、Eclipse Plugin版をインストール。

特に問題なくインストール完了。

あとは、んぱかさんとこのAIRメモを参照しつつ、HelloWorldを試してみて、特に問題なく出来ることを確認。

で、ここからが、ワタクシが試してみた点。

AIRでPapervision3Dを使用したプロジェクトを作成してみた。

やり方は以下。

1. Flex Builder 3(eclipse)を起動する。
2. File -> New -> AIR Project を選択。
3. Project を 「pv3dRoundRect」 にして、Nextボタン押す。
4. 「Use default location」と「Flex SDK version」はそのままNEXTボタンを押す。
5. 「Main application file」の「pv3dRoundRect.mxml」を「pv3dRoundRect.as」に変更し、Finishボタンを押す。

ここまで、出来たらpv3dRoundRect.asを編集。

pv3dRoundRect.asのコードを、ここのエントリーから、コピー&ペースト。

だけど、これだけじゃビルドが通らない。

Navigatorのpv3dRoundRectを右クリック。

Propertiesを選択。

AIR Build Pathの、Source Pathのところで、Add Folderを選択。

Papervision3Dのソースフォルダを追加します。

2_7

これで、緑の矢印ボタンを押して実行すれば、動くはず。

一番上の画像のような結果が表示されます。

陰陽座 黒衣の天女

黒衣の天女 Music 黒衣の天女

アーティスト:陰陽座
販売元:キングレコード
発売日:2007/06/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アタシの愛する、野暮ったい店。

DISK UNION ハードロック/ヘヴィーメタル館で、昨日このCDを買いました。

あいかわらず、かっこいい陰陽座節。

僕は陰陽座と、筋肉少女帯が、日本のヘヴィーメタルバンドの中ですごい好きなバンドなんです。

この二つのバンドに共通しているのは、海外から来たヘヴィーメタルという音楽を、完全に自分のものにして、高いクオリティーで、新しい表現を日本語でやってる点ですかね。

やはり、曲って歌詞が英語だったりイタリア語だったりの、自分がわからない言語だったら、ほぼ半分ソフト的な情報を捨ててしまってるわけですよね。

だから、日本人は日本語でやらなきゃだめだと思うんだよなー。

ということを、最近思ってます。

きっと、陰陽座の瞬火さんも、このシングルの評判を知りたくて、ブログ検索とかすると思うので書きました。

瞬火さん、かっこいいっすよ!

しかし、シングルで未収録曲3曲いれて、アルバムとかぶる曲を、わずか1曲にしちゃうっていうサービス精神が、ほんとすごいよなー。

すばらしい。

 

2007年6月28日 (木)

Robots fights in SUMOU!

あー!なんだこら!

人がいない間に楽しそうなことしてるし!

しかし、あの捨てるしかないと思われたあのトランポリンに、こんな活用方法があったとは!

2007年6月27日 (水)

podcastをクリアな音で録音するための唯一のポイント

しかし、随分な回数、電脳空間カウボーイズでポッドキャストを録音してきたわけですが。

その中でつかんだ、クリアな音声で録音するためのポイントというのは、ただ一つしかないと思うんですよ。

声を充分大きな音量で録音する。

ただこれだけ。

元々録音されている声の音量が小さいと、ある一定の音量まで、持ち上げる加工せざるおえない。

すると声以外の、周りの環境音(ノイズ)までもが大きくなってしまい、全体的にノイジーな音になってしまう。

元々録音されている声の音量が充分大きければ、音量を持ち上げてやる幅が少ないので、声以外の音の音量も、必要以上に持ち上げられない。

なので、奇麗に録音できるわけですね。

最近、僕がポッドキャストの録音に使っていたのはICレコーダだけ。

第四期電脳空間カウボーイズ録音機材

ここのところの「プロフェッショナル」「当世ID割拠事情」「コンテンツビジネス」は、これだけで録音したんだけど、やはり音量が若干足りなくて、多少ノイズがありますね。

マイクを立ててミキサー経由でMacBookに録音してる、「最新アキバモード2007」と聞き比べるとわかると思いますが、こっちのほうがかなりクリアな音質。

ICレコーダだけでも、聞けないってほどじゃないけど、若干やはり音質的には劣りますねー。

でも、最近マイク立ててミキサーセットして、MacBookも移動させてっていうのがちょっと手間が多くてイヤなんですよね(笑

だが、音質は向上させたい。

なおかつ、録音までの手間は少なくしたい。

そこで考えたのが、この方式!

第五期電脳空間カウボーイズ録音機材

これを第五期電脳空間カウボーイズ録音機材と名付けたいと思います。

マイクを立てて、ミキサーからラインでICレコーダに出力。

これは良いと思う訳ですよ。

結局、マイクを立てると何故クリアに録音できるか?と言えば、人間の口に近いので音量が稼げるんですよね。

なので、全体的に音を持ち上げる幅が少ない。

ICレコーダだけだと若干ノイジーになるのは、人間の口から遠いため音量が稼げないせいなんですよね。

そこを改善し、なおかつMacBookを排除したことで、録音機材設置の手間も軽減。

その上、音質も改善される。

ICレコーダだけのほうが、当然設置は楽ですが、この程度の手間なら許容範囲でしょ。

今後はこのセットで録音しようと思います。

2007年6月26日 (火)

AS3.0で別SWFで作成したボタンをリソースとして使う

ボタンだけのSWFを作成して、そのボタンのSWFを、別のSWFで読み込んでリソースとして使うコードを書いてみた。

まず、ボタン部分のSWFがこれ。

このボタンのSWFを、RotButton.swfというファイル名で作成。

そのコードが以下。

RotButton.as




まぁ、ボタンとかは、本来、AdobeのFlashオーサリングツールで、デザイナーの人がきっちり作ればよいんだろうけどね。

とりあえず、今回はボタンもコードで作ってみたと。

で、このRotButton.swfをリソースとして組み込んで、一番上のSWFを作成した。

そのコードが以下のもの。

こっちの組み込んだ側のコードのほうが圧倒的に短いですな。

ポイントは、Embedの使用と、その読み込んだボタンに対してマウス関係のイベントを追加している点ですね。


ReadButton.as

2007年6月24日 (日)

最近覚えたFinderの5つのショートカット

メインPCをMacBookにして、半年程。

だいぶ慣れてきたけど、たまに

「へー、あ、そういう風にすればできんの?」

と思う時があります。

最近、あ、そうなの?と思ったFinderのショートカットをまとめてみました。

Command + D

選択しているファイル、フォルダの複製を作成する。右クリックから複製ってやってたわ。

Command + E

ディスクのアンマウント。CD/DVDの取り出し。USBメモリの接続、取り外しはわりとよくやるので、取り外しが数秒速くなりそう。

今までは、ディスクアイコンをゴミ箱にドラッグしてた。

Command + 1, 2, 3

Finderのアイコン表示、リスト表示、カラム表示の切り替え。

Command + Delete

ゴミ箱へ入れる。
あら、それでよいのか?右クリックからゴミ箱へ入れるっていつもやってたよ。

Command + ↑

そのファイル、フォルダの一つ上の階層のフォルダを開く。これは微妙に便利かも。
ちなみに、Command + ↓で選択フォルダを開く。

Command + Shift + U

アプリケーション内の「ユーティリティ」フォルダを開く。Aでアプリケーション、Hでホームが開く。
ユーティリティフォルダは、たまに行きたくなるので、便利なんじゃないかなと。

あれ?5個より多いな。

まぁいいや(笑

iTMSっていつのまにかiTSになってたのか

iTunes Music Storeって、今、iTunes Storeって名前になってたのか。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0609/13/news013.html

ゲームとか映画とか入ったもんねー。

これは、うっかりしてた。

告知のエントリーを修正しました。

2007年6月23日 (土)

アキバ系!電脳空間カウボーイズのサウンドトラックが発売になります

AKIBA-KEI CYBER SPACE COWBOYS SOUND TRACK ver 1.0 [Digital Phantom]

[告知]PODCASTからiTMSへ!アキバ系!電脳空間カウボーイズ サウンドトラック2007年7月18日発売!

電脳空間カウボーイズのほうで、すでに告知しておりますが、ついに2007年7月18日に、アップルのiTunes Music Storeより、発売になります。

今年の2月くらいから動いてたのですが、やっとこさっとこ発表できました。

安部さんがまた、素晴らしいジャケットを描いてくれて、感謝です!


メイキング的な話としましては、安倍さんからジャケットがあがってきて、見せてもらった時に、

「ぎゃー!素晴らしい!すごいぞこれは!」

と、ワタクシ一人、テンション上がりまくっていたのです。

そのとき、安部さんより、

「ところでタイトルはどうしますか?何てタイトルにするんですか?」

との冷静なご質問。

そうか!そういえば、アルバムタイトルを考えてなかった(笑

ということに気がつき、

「じゃー、今決めよう。」

ということで、霊感の赴くままに、タイトルを決めたのでした。

ジャケットの絵は安倍さんに、僕が曲に込めてるコンセプト、イメージを伝えて、そこからビジュアル化していただいたのですが、Digital Phantomという言葉は逆にジャケットのビジュアルから連想して決めました。

こういうイメージを連想的にやりとりする、音楽の即興ジャムセッションみたいなやり方が出来て、楽しかったなー。


それではみなさん、発売になりましたら、よろしくおねがいしますー!

2007年6月21日 (木)

gvimをコマンドラインから実行しcolorschemeを反映したhtmlを作る

この前、トロチチさんに教えてもらったソースコードのhtml化ですが、やってみて、

「gvimを起動して、ファイルを開くを選んで、HTMLにコンバートを選んで、保存を選ぶのが、面倒だなー」

と思ったんですよ。

このgvimでの変換結果のhtmlは、綺麗で気に入っていて、教えていただき大感謝です。

なので、今後とも使いたいんですが、手順が面倒。

コマンドラインのvimでもhtml変換はできるんですが、色が綺麗にでなくて、イマイチなので却下。

しかしgvimでも、もっと楽にやる方法があるんじゃないか?

コマンドラインから、gvimを実行して変換する方法があるんじゃなかろうか?

解れば、Automatorで右クリック一発で変換できるようになるはず。

なんで、ちょっと調べてみたら、できました。

結論から言えば、次のコマンドで、できます。

/Applications/vim-6.2.532-osxj/Vim.app/Contents/MacOS/Vim -g -n -c ':colorscheme morning' -c ':so $VIMRUNTIME/syntax/2html.vim' -c ':set fenc=utf-8' -c ':wqa' HelloWorld.as

gvimが、/Applications/vim-6.2.532-osxjにインストールされている前提になっています。

参考資料は、[ココ]

これで変換できたので、Automatorで自動化処理を書きました。

2_6

[DOWNLOAD]

ユーザフォルダ>ライブラリ>Workflows>Applications>Finder

に入れて使用します。

右クリック->Automator->HTMLに変換

で、変換処理が行われ、同じフォルダにHTMLが作成されます。

いやー、これでだいぶ楽になりますな。

よかったよかった。

変換してみたコードが、次のもの。

自動化最高。

バイノーラル録音

このデイリーポータルZの記事、これは面白い!

[168円で立体的に録音する]

原理としては、耳にマイクを付けて録音するって単純なものだけど、ヘッドフォンで聞いてみるとかなり面白い効果が出てる。

ライターの人も言ってますけど、左右、上、後ろとかは、わりと音が鳴ってる方向を感じやすいですが、正面の音がよくわからないんですね。

しかし、マッチを頭のまわりをぐるぐるさせる音を聞いてると、首筋がムズムズして、くすぐったいです。

ステレオの定位で、人に体感として、ムズムズして気持ち悪いって効果が与えられるのか。

こういう音の使い方も、結構面白いですねー。

アタシもポッドキャストを妙に長くやってるので、録音には常に興味があるんですが、こういう手法があるのかー。

2007年6月20日 (水)

UNIXで自分のアカウントの所属グループを調べる

MACをいじってて、自分のアカウントの所属グループを調べたくて、

「確か whoami か、fingerあたりで表示されなかったっけか?」

と思い、ターミナルから両方入力してみるも、だめ。

正解は、id -pだった。

$ id -p
uid     myid
groups  myid appserveradm appserverusr admin

なんかこういうことって、何気に忘れそうだからメモ。

2007年6月19日 (火)

コマンドラインからAppleScriptを実行し引数でパラメータを渡す

AppleScriptで自動化したいことがあって、コマンドラインからAppleScriptを呼び出して、なおかつAppleScriptに引数を渡す方法を調べました。

どうも日本語の情報が見あたらないので、書いておきますか。

AppleScriptのほうは、こんな感じ。


on
run argv
    return "hello, " & item 1 of argv & "." end run

argvに引数が入り、第1引数と取得する場合は、item 1 of argv。

で、スクリプトをターミナルから、コマンドラインで呼び出すほう、上記のAppleScriptを、a.scptとしてこう。

 

% osascript ./a.scpt world

 

hello, world.

第1引数にスペースが入って、第2引数として渡したくないときは、シングルクォーテーションで囲う。

% osascript ./a.scpt 'world Hello'

hello, world Hello.

参考資料は、[ここ]

AppleScriptは、色ついてますが、vimのAppleScript用syntaxがあったので、それを使って、トロチチさん流に変換しました。

2007年6月18日 (月)

新ジングルSWITCH-007:SWITCH

JINGLE-007:SWITCHで使ったスイッチ

土曜日に作った、新ジングルに関する説明を書きました。

良ければ聞いてみてください。

今回ジングル作って思ったんだけど、50秒くらいのジングル作るのも、3,4分の曲作るのも、労力的には、7:10くらいしか違わないんじゃないか?

と思ったんですよね。

曲作るときの、音作りの段階。

つまり、

「ハイハットはこういう音で、バスドラムはこういう音にしよう。スネアはこういう感じでいいかなー。」

とか、使ってる1個1個の音を煮詰める段階は、曲の長さにかかわらずやらなきゃいけない。

曲が長くても、ここにかかる労力は一緒で、音楽的アイデアを音作りの後は足してけばよいわけだから。

長い曲作ったほうが、効率いいんじゃないの?

とか思いました。

でもまぁ、今回のジングルも結構気に入っています。

2007年6月15日 (金)

IFRAMEでのリンク先のファイルに応じた高さ調整

このエントリーはこちらに引っ越しました!下のリンクをクリック!

IFRAMEでのリンク先のファイルに応じた高さ調整 « 電脳芸!!

ActionScript3.0、Papervision3Dの全画面化

ボタンを押すと全画面化するサンプルを作ってみました。

が、これブラウザ上じゃ動かないんですね。

そうだったのか。

SWFをダウンロードして、ローカルで実行してみてください。

[DOWNLOAD]

あとは、ソースコード。

今回、ボタン部分を別クラスで作ってるので、コード二つ。

全画面化、標準ウィンドウ化を行っているのは、FullScreen.asのgoFull関数。

CustomButton.as


FullScreen.as

2007年6月14日 (木)

MAC OS XでWindowsのスタートアップにあたる設定

このエントリーはこちらに引っ越しました!下のリンクをクリック!

MAC OS XでWindowsのスタートアップにあたる設定 « 電脳芸!! 

2007年6月13日 (水)

vimでソースコードのHTML化をやってみる

トロチチさんが解説してくれた、vimでのhtml化をやってみました。

アタシは恥ずかしながら、一番苦手なエディタはviで、UNIX系の環境でテキスト編集したい時は、迷うことなくemacs。

emacsが入ってないとき、泣く泣くviを使うという、なるべくviを避けて通ってきただけに、viがとにかく苦手なのです。

なんで、当然vimの設定など、しているわけもなく。

とりあえず、MAC OS Xに入ってるデフォルトのサンプルの設定ファイルをコピーして.vimrcファイルを作製。

$ cp /usr/share/vim/vim62/vimrc_example.vim ~/.vimrc

で、コマンドラインの方からvimを叩いて色々やってみましたが、どうもうまくいかず。

きっと、.vimrcの設定をろくすっぽしてないのが悪いんだろうけど。

しばらく色々設定をいじってみましたが、うまくいったりいかなかったり。

日本語が、なんだか化ける時があって、よくわからない。

「んー、だめだな!GUI!現代っ子は(?)GUIじゃなきゃだめだ!」

と、GVIMをダウンロード。

楽だ!GVIM!

ファイル->開く でファイルを開いて、 
シンタックス->HTMLへコンバート
ファイル->エンコード指定->保存->UTF-8

で、変換したHTMLが保存できた。

タブとインデントの幅だけ、.vimrcに追記。

set shiftwidth=4
set tabstop=4

で、できましたよ。

最初から、GVIM使えば良かった!色テーマはmorningに。

このブログのデザインで、コード貼り付けると、横が切れちゃうので、IFRAMEでコードを別HTMLにして、貼り付けてみました。

今後は、こういうレイアウトでいこうかな。

ブログで人が教えてくれるってすごいことだ

プレイステーション1時代から現代まで大活躍中の、組み込みゲーム機業界の巨匠トロチチさんから、ActionScriptのhtml化の手法を、ブログを通してご教授いただきました。

いやー、でもこれってよく考えるとすごいことだと思うんですよ。

野球で言ったら、バッティングセンターで練習してたら、イチローが通りかかって

「こうしたほうがいいんじゃない?」

って教えてくれるみたいな話でしょ?

コメントで、「こういうやり方もあるよ」と教えてくれる方もいるし。

こういうコミュニケーションは、ネットの時代のうれしい点ですよねー。

コードのhtml化手法については、前も一度調べようと思ったことがあったんですが、こういう形で教えていただけるとは!

ありがとうございました!

2007年6月11日 (月)

Papervision3Dでカメラの画像をテクスチャにする

昨日のFLVをテクスチャに貼るコードを、ちょっと変えてウェブカメラなど、PCに接続されているカメラの画像をテクスチャに貼るコードを書いてみました。

MAC BOOK、MAC BOOK PROなら、元からカメラが付いていますので、Flashのカメラ設定をすれば動きます。

コード的には、昨日のFLVより簡単。

Cameraクラスを使用して、ウェブカメラの画像を取得。

毎ループ、テクスチャのビットマップにカメラ画像を描画。

って感じですね。

カメラがあれば、次の絵のように、カメラ画像がテクスチャとして貼られた立方体に、ブラーかかかったり、かからなかったりしながら表示されるはずです。

2_5

以下、ソースコード。


CameraTexture.as

2007年6月10日 (日)

Papervision3DでFLVのムービーをテクスチャ表示する

というのをやってみました。

ちなみに、この猫、電脳空間カウボーイズのトグサ秋月氏の猫ですね。

猫がサンプルに出てくると、猫でもわかるプログラミングみたいで、微妙に良いんじゃないかとか勝手に思ってるんですが(笑

このサンプル、ビデオ再生のループ処理もやってるところが微妙にポイントですかね。

参考資料は、ここ

原理的には、ビデオ再生して、そのビデオを毎ループ、テクスチャのビットマップに描画してます。

あとはなんとなくブラー処理を、見た目のために追加。

以下、コードの太字の部分が重要な点ですかね。


Video3D.as

2007年6月 9日 (土)

Papervision3Dでのフィルタエフェクト

さっき、発光エフェクトを作ったら、つまりFlex 2のエフェクトであるFilter各種は普通にPapervision3Dで使えることが解った。

なんで、ブラー、ドロップシャドウ、グロウ、ベベルをマウスクリックでそれぞれ切り替わるサンプルを作ってみた。

ベベルはオブジェクトが3Dでぐるぐる回ってるんで、だいぶ不自然なんだけど。

ポイントは、それぞれのエフェクトを行うためにフィルタを設定している、setFilter関数ですね。


FilterPv3D.as

Papervision3Dでの発光エフェクト

発光エフェクトを作ってみました。

ポイントとしては、DisplayObject3Dのcontainerが作られる必要があるので、まず、sceneをMovieScene3Dで作製する点。

あとは、その平面の持っているcontainerのfiltersに発光フィルターを設定してやればよいだけ。

このプロパティに対してフィルターかければいいんだったら、結局どのエフェクトもかけられるってことか。

ここのGlowを参考にしました。


GlowEffect.as

2007年6月 8日 (金)

MACのEclipseのテキストファイルエンコーディング

2_4

Text File Encodingを設定するところで、プルダウンリストに、SJISとEUC-JPが無くて

「どうしたもんか?」

と思ったんですが、どうやら、直接手入力で

SJIS

EUC-JP

と入れれば、そのエンコーディングになるみたい。

そうなのか。

2007年6月 7日 (木)

XAMPPへのSmartyのインストール

かなりあっさり出来たけど、一応メモを残しておきますか。

1. Smartyのサイトからファイルをダウンロード。

2. 自分のホームディレクトリで展開

$ tar xvzf Smarty-2.6.18.tar.gz

3. xamppのlibディレクトリの中に置く

$ mv Smarty-2.6.18 Smarty
$ mv Smarty/ /Applications/xampp/xamppfiles/lib/php

4. これでほぼ終了。テストコードを動かしてみる。まずTestSmarty.phpという名前のphp作る。

<?php

require_once("Smarty/libs/Smarty.class.php");

class TestSmarty extends Smarty {

  function TestSmarty () {

    $this->Smarty();

    $mydir = dirname(__FILE__);
    $this->template_dir = "$mydir/templates/";
    $this->compile_dir = "$mydir/templates_c/";
    $this->config_dir = "$mydir/configs/";
    $this->cache_dir = "$mydir/cache/";

    $this->caching = 0;
  }
}

?>

あとは、templateディレクトリに適当なテンプレートファイルを置いて、こんな感じのphpを書けば動いてるのが、確認できる。

<?php
require_once('TestSmarty.php');

$objSmarty = new TestSmarty();
$objSmarty->display('test.html');
?>

XAMPPでユーザ毎のウェブディレクトリを有効にする

ケイス氏に聞いて、便利そうだったので、MAC OS X用のApache+Mysql+phpのWEB開発系詰め合わせセット、

XAMPPをインストールしました。

このXAMPPのApacheのユーザ毎のウェブディレクトリを、MACに元からついてる

パーソナルWeb共有と同じ、ホームディレクトリ/サイト(Sites) というディレクトリに設定しようとしたら、なにげにはまったので、メモ。

まず、/Applications/xampp/etc/httpd.conf を編集。ユーザディレクトリごとの設定ファイルを有効にする。

# User home directories
Include /Applications/xampp/etc/extra/httpd-userdir.conf

次に、この有効にした、httpd_userdir.confを編集。

#UserDir public_html
UserDir Sites

元々書いてある、UserDir public_htmlを、Sitesに。次にこの下に書いてあるユーザディレクトリの権限設定を編集。

#<Directory /home/*/public_html>
<Directory /Users/*/Sites>

    AllowOverride FileInfo AuthConfig Limit Indexes
    Options MultiViews Indexes SymLinksIfOwnerMatch IncludesNoExec
    <Limit GET POST OPTIONS>
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Limit>
    <LimitExcept GET POST OPTIONS>
        Order deny,allow
        Deny from all
    </LimitExcept>
</Directory>

ポイントは、元々書いてあるパスが、 /home/*/public_htmlなんだけど、MAC OS Xはパスが違うということ。

MAC OSのユーザのホームディレクトリは、/Users以下なので、/Users/*/Sitesに変更。

これは、なかなか気がつけ無かったなー。

Papervision3DでKEY_DOWNイベントを取得する

KEY_DOWNイベントを取得するサンプルを書いてみた。

stageに対して、addEventListenerしているのが、唯一のポイントかな。

上下左右のカーソルキーで、板が回ります。


Pv3dKey.as

2007年6月 5日 (火)

ABさんが漫画描いてる雑誌

村田蓮爾責任編集 SUPER COLOR COMIC 「robot 2」 Book 村田蓮爾責任編集 SUPER COLOR COMIC 「robot 2」

著者:村田 蓮爾,田島 昭宇,浅田 弘幸,安倍 吉俊,前田 浩孝,YUG,三浦 靖冬,MIGGY,帝国少年,三部 けい
販売元:ワニマガジン社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


最近、安倍さんと週一くらいで呑んでる気がするけれども、

安倍さんが描いてるというROBOTという雑誌を本屋で、ジャンプとかマガジンとかアフタヌーンとか置いてあるあたりを見ても見つからない。

「んー?」

と思って、さっきネットで調べたら、これですかー。

漫画雑誌じゃなくて、もっとムック系の雑誌という感じの、しっかりした作りの本だったのですね。

なるほど。

これは漫画雑誌のあたり見ても、ないはずだわ。

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31