« Adobe AIRでPapervision3Dを使ってみる | トップページ | Magical 8bit Plugでファミコン風効果音を作ってみる »

2007年6月30日 (土)

iMovieのフレーム

iMovieでムービー編集をしていて知ったんだけど、iMovieの時間表示の単位は、秒以下はフレーム数なんですね。

[iMovie HD Help] フレームについて

精密に、秒数計算したい時って、主に音楽の変わり目に正確に合わせたいときだと思います。

例えば、テンポ140の曲で、4/4で1小節で画面を切り替えたいとしたら、

60(sec) / 140 * 4 =  約1.7秒

1.7秒で画面を切り替えたいなら、

10 : 7 =  30 : X

x = 21

なので、iMovie上では、1:21 (1秒と21フレーム)で画面を切り替えれば良し。

ってことですね。

« Adobe AIRでPapervision3Dを使ってみる | トップページ | Magical 8bit Plugでファミコン風効果音を作ってみる »

「Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120337/6979622

この記事へのトラックバック一覧です: iMovieのフレーム:

« Adobe AIRでPapervision3Dを使ってみる | トップページ | Magical 8bit Plugでファミコン風効果音を作ってみる »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30