« 陰陽座 黒衣の天女 | トップページ | iMovieのフレーム »

2007年6月29日 (金)

Adobe AIRでPapervision3Dを使ってみる

3_4
Adobe社が開発中のFlash技術を利用したデスクトップアプリケーションの実行環境。

AIR(Adobe Integrated Runtime)。

こいつをまだ試したことなかったので、試してみました。

まず、開発環境のインストール。

基本的には、んぱかさんとこのAdobe AIRメモ参照

現状、Eclipseベースの統合開発環境、Flex Builder 3もβ版ということで使用することができるので、こちらをインストール。

アタシの場合は、Eclipse 3.2をインストール済みなので、Eclipse Plugin版をインストール。

特に問題なくインストール完了。

あとは、んぱかさんとこのAIRメモを参照しつつ、HelloWorldを試してみて、特に問題なく出来ることを確認。

で、ここからが、ワタクシが試してみた点。

AIRでPapervision3Dを使用したプロジェクトを作成してみた。

やり方は以下。

1. Flex Builder 3(eclipse)を起動する。
2. File -> New -> AIR Project を選択。
3. Project を 「pv3dRoundRect」 にして、Nextボタン押す。
4. 「Use default location」と「Flex SDK version」はそのままNEXTボタンを押す。
5. 「Main application file」の「pv3dRoundRect.mxml」を「pv3dRoundRect.as」に変更し、Finishボタンを押す。

ここまで、出来たらpv3dRoundRect.asを編集。

pv3dRoundRect.asのコードを、ここのエントリーから、コピー&ペースト。

だけど、これだけじゃビルドが通らない。

Navigatorのpv3dRoundRectを右クリック。

Propertiesを選択。

AIR Build Pathの、Source Pathのところで、Add Folderを選択。

Papervision3Dのソースフォルダを追加します。

2_7

これで、緑の矢印ボタンを押して実行すれば、動くはず。

一番上の画像のような結果が表示されます。

« 陰陽座 黒衣の天女 | トップページ | iMovieのフレーム »

Adobe AIR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Adobe AIRでPapervision3Dを使ってみる:

« 陰陽座 黒衣の天女 | トップページ | iMovieのフレーム »

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31