« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

録音失敗

P1030351

第百二回(とそれにつづく百三回)が、すごい勢いで録音失敗。

んー、残念。

今回の仮想化の話は、最近トレンドの、AT互換機エミュレータParallelsや、VMWareに関する話、それにまつわる話とバカ話で、結構面白い話だっただけになー。

なんかぶちぶちいって嫌だったんで、

「もう今週配信やめっかなー?」

とかも思ったんですが、どう失敗してるのかわかってもらったほうがよいかなとも思い、断片的には話してることもわかるし、とりあえず配信しました。

リスナーの方々には申し訳ないんですが、ご容赦いただければと。

今回、元のWAVファイルをBOOT CAMPのWindows(つまりMacBook)+PCR-1(これはいつも使ってるやつ)という、ThinkPadをMACに置き換えて録音したんですけど。

その機材アップデートが裏目に。

とりあえず、今日も5分くらい録音してみたら、同様の現象を確認。

PCR-1のドライバがだいぶ古いバージョン入れてたんで、そのせいかなー?

最新のドライバ入れて、明日また試験してみますかねー。

いやー、ちょっとだけ録音して、とりあえず録音できてるから、とりだしちゃったんだけど、失敗したなー。

2007年1月30日 (火)

サンヨーのICレコーダ買った

SANYO デジタルボイスレコーダー 「DIPLY TALK」 (シルバー・1GB) ICR-S280RM(S) CE SANYO デジタルボイスレコーダー 「DIPLY TALK」 (シルバー・1GB) ICR-S280RM(S)

販売元:三洋電機
発売日:2006/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近、ケイス淀橋氏が買ったこいつを、勝手に色々いじってみたんですが。

色々録音実験してみて、

「これは色々考えた結果、オレにも必要だとわかった!」

と叫ぶなり、思わずアキバで買ってきてしまった訳ですが。

気楽に録音できて、それでいて持ち運んでもよい程度の大きさ、重さ。

それでいて、USB端子にケーブル無しで接続できて、ファイルをドラッグ&ドロップであっさりコピーできてしまう簡単さ。

なおかつ、無圧縮PCM(WAVファイル)での録音も可能。

さらに充電池には、サンヨーが誇るへたらない充電池エネループ

んー、なんかサンヨーの回し者かってくらいのべた褒めっぷりですな。

とりあえず、現状あんまり使い込んでないんで、まだなんともいえないところはありますが。

でも、結構使えそう。

去年、ポータブルMDも買ったんですが、微妙に重くて大きい、なおかつデータ転送が面倒。

という理由で、結局あんまり使ってないんですよね。

でも、こいつなら持ち歩いても苦にならないでしょう。

これで、色々ゲリラ的に録音ができそうで、すごい楽しみ。

日常で出会う音を、色々残せそうですなー。

2007年1月28日 (日)

メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー

メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー DVD メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2007/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

去年、AMAZONで予約しといたのが、届いて、見ました。

世界各地を廻り、ヘヴィーメタルミュージックのルーツ、文化、それを取り巻く状況を、メタルファンにして、文化人類学者の監督が取材して歩いたドキュメンタリー。

Burrn!誌の取材はまだ受けておりませんが、私もBinary 86に代表される、

「コンピュータ文化とヘヴィーメタルミュージックの融合」というテーマを掲げ、

「北東京系ネオサイバーメタル」というメタルジャンルを打ち立てた(?)バンド、電脳空間カウボーイズのギタリストとしては、見逃すわけにはいきません。

ヘビーメタルファンの間で、交わされるメロイックサインというフィンガーサインは、元々ロニー・ジェイムス・ディオのお婆ちゃんがやっていた、おまじないサインだった!

などのメタルまめ知識に、「なるほど!そうだったのか!」と関心。

西洋のヘビーメタル界ではブラックメタルに代表される、反キリスト教、悪魔崇拝的メッセージを歌詞に含ませることが多い。

ノルウェーでは、ブラックメタル愛好者による教会放火事件なども起きていて、その反キリスト的メッセージについてもこの映画のテーマになっている。

特典ディスクでは、日本のヘビーメタルミュージシャンへのインタビューも行っているのだけど、

反キリスト、悪魔崇拝などにあたる邪悪なメッセージを表現したいときどうする?的質問をされても

「日本は、キリスト教国ではないので、西洋のメタルのように悪魔崇拝をテーマとしても、反逆の象徴には全然ならない。」

と答えるのが、面白い。

確かによく考えると、悪魔崇拝=不良、という図式は、西洋の道徳観がキリスト教をベースとしているから成立するわけで。

まったくもって、悪魔崇拝という考えが、のれんに腕押し的な手ごたえのなさに日本ではなってしまう。

というのが面白い。

なるほどねー。

おすすめ度をファミ通的に言うならば、「メタルファンなら」。

2007年1月26日 (金)

新しいシン石丸モデルipod

P1030337

を買いました。

ipod nanoの4Gを使ってたんですが、最近容量がきつくって。

もう消したり入れたりするのが面倒で、

「とにかく、なにも考えずに、ボコボコいれたい!」

と思い、80Gの黒いやつを。

アップルストアの通販で、刻印を入れて、電脳空間カウボーイズ、シン石丸モデルにしました。

しかし、よく考えるとipodの機能をまじめに使ったことなくって、スマートプレイリストとか使ってみようかしら。

と思ったりする今日このごろ。

2007年1月25日 (木)

ダイア炉部ボックス

ちょっとDreamweaverのヘルプを見てて、見つけた誤植。

ダイア炉部ボックス

すごい誤植だ(笑

なんで、こんなことになっちゃったんですかね(笑

イエメンのお土産

P1030333P1030331 正月休みに、イエメン共和国に旅行に行ってきたという方から、お土産もらいました。

むこうのポップスター(?)のカセットテープ。

「CDは売ってなかったんですよ。」

とのこと。

そうかー、イエメンでは、テープがまだがんばってるのかー!

と妙に関心。

アルファベットなら、まだなんだかわかりますが、アラビア文字は、ほんとにさっぱりわかりませんなー。

しかし、アラビア文字ってなかなかカッコいいですよねー。

去年に、そのお方と話をしている時に、

「正月はどうするんですか?」

と聞いたら、

「イエメンです。」

と言われ、イエメン=家男=寝正月、という意味だと勝手に解釈し、

「やっぱ出かけたりするのも疲れますもんねー。」

などと話を続けたら、さっぱり話が噛み合ず。

まぁ、相手は旅行に行く話をしてるわけだから、当然ですが。

とりあえず、聞いてみたいんで、アキバでテープが再生できる何かを買おうかと思います。

MSNメッセンジャー受信できない問題

かれこれ、8ヶ月くらい、家のデスクトップPCではMSNメッセンジャーが受信できずにいました。

ノートだと普通に使えてて、ほとんど家でもノート使ってるんで特に気にしてなかったんですが。

今日、不意に思い立って調べてみたら、Googleデスクトップとの相性問題だったみたい。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2031710

んー、そんなことだったとは。

2007年1月24日 (水)

ついに誰でもできる電脳空間カウボーイズ流Podcast作成術を開発

1 最近、音系ソフトはLOGICに浮気していたわけですが。

どうも使ってみると、

「ポッドキャスト編集にも、音楽作成にもFL STUDIOのほうが、オレ好みじゃない?」

という結論に達したワタクシは、LogicでPodcastを作ろうかと思ってたんですが、やはりFLだろとFLに帰ってきたのでした。

FL STUDIO 7のパブリックβ版が、すでにリリースされているので、それをインストール。

今回の記念すべき(?)第百回は、今までのFL STUDIO 5という、今では入手不能なアプリで作るのではなく、FL STUDIO 7で作成しました。

電脳空間流Podcast作製術は、入手困難なアプリを使っているために、なかなか人におすすめできませんでしたが、これで誰もができるんじゃないでしょうか。

特に難しい点があるわけじゃありませんが、そのノウハウを公開しましょう。

まず、工程としては、大きく2工程にわかれます。

1. 皆で集まってトークを録音する。録音には、♪超録 - パソコン長時間録音機 フリーウェア版を使用。これでトークのwavファイルが作成される。

2. 編集作業。テーマ曲、ジングル、エンディングなどの入れ込み。ケイス淀橋氏の電脳空間ポエムの入れ込みなどを行う。ここでFL STUDIOを使用。

この編集作業の部分を、従来はFL STUDIO 5で行っていたのですが、百回からFL STUDIO 7に変更。

そのFL STUDIO 7での編集方法も公開しましょう。

FL STUDIO 7でも40分〜60分も話した、巨大なwavファイルを読ませようとすると、アプリが落ちてしまいます。

ここで一工夫。

GoldWaveを使ってwavファイルを20分ごとに分割します(こことか参照)。

20分ごとに分割したら、FL STUDIOのプロジェクトに読み込ませます。

ですが、読み込ませる前に、下準備。

テンポの設定をBPM120にしましょう。

3_1

そうすると、20分ぴったりできってるWAVファイルは、小節的に拍がぴったりあうため、分割部分がスムーズに接合できます。

2_3 あら不思議。

ちょっとした生活の知恵ですね(?)。

さて、後はテーマ曲を入れ込んだり、Automation Clipでボリューム調整したり、Mixerでエフェクトをかけたりすれば、だいたいOK!

mp3にレンダリングしていっちょ上がり!

というわけですね。

FL STUDIO 7は2月中旬、正式リリースのようですが、FLは値段のわりに機能豊富でなかなか使えるツールだと思います。

Podcastを作ってみたい方は、この我々のやり方を参考にされるのも、ひとつの方法かと。

今度は、FLでのPodcast編集小技を説明したいと思います。

OP25B

なんか家でメールを送ろうとしたら、さっぱりメールが送れず。

「あれ?なんだこれ?」

と思ったんですが、どうもルータを換えたための様子。

あれー?そんなSMTPとか普通ブロックするかー?

そんな設定あるかー?とルータの設定とにらめっこすること、しばし。

結構悩んだんですが、どうやら、OP25B(Outbound Port25 Blocking)ってやつでした。

ここ参照。

調べてみたら、アタシの使ってるプロバイダでは随分前から導入されてた様子。

今まで、普通に外部のSMTP使えてたのが、不思議。

ルータが古いと制限がかからないもんなんですかね?

2007年1月22日 (月)

LOGIC vs FL STUDIO

最近、MACで音楽も作ってみようかとLOGICを勉強してたわけですが。

なんか、今日、

「やっぱりFL STUDIOのほうが良くないか!?」

という結論に達したっぽい気がします。

FLとLOGICの音楽パーツのまとめ方の違いが、どうもFLのほうが優れてるように思えるんですよね。

FLの場合、複数の楽器、エフェクトのつまみの移動などのイベントも含めた動作を一つの「パターン」という概念でまとめて、それを組み合わせて曲を作る形になってます。

LOGICの場合は、楽器ごとの音のフレーズを「リージョン」という概念でまとめ、それの組み合わせで曲を作る形になっているようです。

でも、楽器ごとの音でバラすのは、今ひとつ効率悪くて、複数の楽器を使ったフレーズを1パーツとして扱いたいことのほうが、どう考えても多い気がするんですよね。

LOGICのほうは、Appleの高品質素材集、Apple Loopsに対応してるから、そこが優れてると思ってたんです。

ですが、なんともうじきリリースのFL STUDIO 7は、Apple Loopsに対応してるじゃないですか!

もー、まじかよ!

それならもう、オレはFLさんについていきますよ!

BOOT CAMPのWindowsパーティションもっと多めにきっときゃよかったなー。

いっそのこと、FLのMAC OS X版出してくれないかしら?

2007年1月21日 (日)

無線LAN&ルータ換える

DraftIEEE802.11n無線LANBroadBandルータ WZR-G144NH CE DraftIEEE802.11n無線LANBroadBandルータ WZR-G144NH

販売元:バッファロー
発売日:2006/09/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

家の無線LANアダプタとルータを換えました。

3本もアンテナがたってるところが、ガンダムの敵系ロボットっぽい、このWZR-G144NHに。

ルータと無線LANをこれ1台に集約。

諸々、ネット設定の移行が面倒でしたが、とりあえず一通り終了。

今まで、802.11bだったんで、だいぶ早くなりましたねー。

一応ベンチマークを、gooスピードテストでとっておいたのですが、その結果。

前環境

無線
 1.78Mbps

有線
 22.84Mbps

現環境(WZR-G144NH)

無線
 23.49Mbps

有線
 42.2Mbps

無線が10倍以上高速に。

だいたい大きなファイルを転送する時には、家では有線でつないでやってたんですが、これでつながなくてもよさそうですなー。

あと、このルータ、802.11nに対応してるので、MacBookの802.11nドライバがダウンロードできるようになるのが楽しみですな。



2007年1月19日 (金)

東京は無線LANの電波であふれていたのか

P1030317
メタルギアソリッドポータブルオプスには、無線LANの電波を受信して、仲間の兵士をスカウトする機能があるのですよ。

今日はだいぶウロウロ東京を動き回る日だったので、PSP片手にこの機能を使ってみました。

まず、地下鉄で移動すると、各駅のアクセスポイントがあるようで、駅ごとに一人ずつ仲間が増えていきます。

街をウロウロしてても、結構仲間が手に入り、

「そうか、無線LANの電波は、今こんなに東京にあふれていたのか!」

と関心。

このゲームのこの機能は、かなりメディアアートっぽい感じですね。

しかし、連打しないと手に入らないところが、微妙な恥ずかしさ。

電波が弱い時に連打しまくると、仲間になる可能性があがるようになっていて、そこがゲーム性があって、なかなかいいんですけどね。

町中で、一生懸命PSPに痙攣打ちする三十代っつーのも、どうなの?って気もなきにしもあらず。

今日見つけた中で良さそうな仲間は、三田線の大手町駅のAPでみつけた工学博士にして技術者ですかね。

P1030321


2007年1月17日 (水)

メタルギアソリッドポータブルオプスも面白い

メタル ギア ソリッド ポータブル オプス Video Games メタル ギア ソリッド ポータブル オプス

販売元:コナミデジタルエンタテインメント
発売日:2006/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これも最近ちょこちょこやってるんですが。

面白いです。

従来のメタルギアに、ポケモン、ドラクエモンスターズ的な仲間集め要素を追加したアイデアが良いです。

仲間となる敵兵を、ほとんどさらって来てしまうとこが、

「えー!そんな強引につれてきちゃうの!」

って感じで、笑えますねー。

1個1個のミッションが、メタルギア3に比べて、コンパクトになっているのも携帯機向けの設計ですかね。

技術的なメモリ制限とかもあるのかもしれませんが、電車での移動中の20分とかでやるには、適度なコンパクトさ。

売れてるみたいなんで、いまさらですが。

PSPもソフトがそろってきたら、結構面白くなってきましたね。

しかし、ソフトがそろってくると、ソフトの入れ替えに面倒くささを感じます。

PSPのソフトって、DSに比べて、DISKだし、裸で持ち歩くにはイマイチ不便。

ゲーム版i-Tunesみたいな、買ったゲームをメモリスティックに入れて、一括管理してくれる仕組みがあれば良さそうですよねー。

i-Tunesの隆盛を見るに、そういう流れもいつか来たりしそうな気もしますよね。

2007年1月16日 (火)

ルミネス2

P1030310

最近頂いたんですが、海外ではすでに発売されてる、水口哲也氏率いるqentertainment社の新作。

LUMINES Ⅱ

日本ではまだ2/15発売ですが、海外版を頂きまして、最近ちょこちょこやってます。

いやはや、面白いですね。

ルミネス2では、海外アーティストのミュージックビデオが背景画像、BGMとしてかかるようになってます。

一連のQさんのパズルゲームで使われている、ゲームの動きと、音楽のリズムを同期させるという手法。

これには、色々な可能性を感じますね。

ゲームをしてると、音と視覚の一体感で、独特の高揚感があるんですよねー。

日本版も、じきに発売になると思いますが、いち早くプレイされたい方は、メッセサンオーカオス館などの、海外ゲーム販売をしているところで、入手できるのではないでしょうか。

海外版って、×が決定で、○がキャンセルなんですよ。

知ってました?

どうも欧米じゃ、チェックマークは、肯定の意味なんで、×が決定みたいです。

一番右端にあるボタン、つまりAボタンが決定になれた我々日本ゲーマーは、たまに驚かされます。

でもDreamCastは、左ボタン決定でしたが。

PSPも何気に今面白いゲーム多いですよね。

2007年1月14日 (日)

電脳親孝行カウボーイ

P1030308

親の新しいPCのThinkPad R60eに、古いPCのFMVから、メールを移動するという、かなり面倒なミッションを頼まれたんですよ。

もー!なんだよ、Outlook Expressって!

使ったこと無いっての!

色々試して、今後、親テクニカルサポートをするのに、詳しくないアプリ使っててもらうと面倒なんで、使い慣れたBeckyにデータ移行することに。

なんか結構時間かかったなー。

R60eの無線LANが妙に調子悪くて、やたらはまったり。

実家の無線LANルータの調子が悪いのかなー?

実家の無線LANルータも、4、5年前にトグサ氏が余らせてたやつをもらったやつで、もうだいぶ使わせてもらったから、そろそろ買い替えないとダメかなー?

とか思ったり思わなかったり。

しかし、なんたる電脳親孝行ぶり。

今みたいにPCが普及した時代には、「電脳親孝行」という新たな親孝行ジャンルが、確率するんじゃなかろうか?

と、大胆未来予想(?)。

2007年1月12日 (金)

初めてMACでpodcastを作ってみた

2_2

今日配信したものは、初めてMACでpodcastを作ってみました。

Parallelsで起動した、Windows上でFL STUDIO 5を起動して。

それじゃ、まったく従来通りじゃん!って感じなんですが。

なんだけど、ハード的には、MAC。

しかし、処理速度が劇的に速くなって、うれしい驚き。

Pentium M 1.2GのThink Pad X40で、30分くらいの番組をmp3にレンダリングすると、15分ほどかかっていたんですよ。

それが、今回なんと3分30秒ほどで終了!

すごいぜ!Core 2 Duo 2G!

2007年1月 9日 (火)

Logic Expressを勉強し始める

Logic Express 7.2

販売元:アップルコンピュータ
発売日:2006/07/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

サウンド作成関連をMACに移行しようかと、Logic Expressを買って、地味に勉強し始めました。

まぁ、何事も小さいことからコツコツとですなー。

ユーザインターフェイス的には、残念ながら、FL STUDIOのほうがカッコいいと思う。

ですが、GarageBand用のループ素材Apple Loopに対応していて、素材が豊富なところは良さそうですな。

とりあえず、コツコツ勉強。

2007年1月 8日 (月)

ParallelsでのBoot Campパーティションの起動

なんかParallelsで、BootCampのWindowsパーティションを起動できるようになったらしい。

ここ。

ParallelsのBetaダウンロードのとこから、Build 3106 Beta 3ってやつを入れてやってみました。

結構あっさり実行。

ただ、ハードウェア構成が激しくかわるため、XPのライセンス認証がかかってしまう点だけ注意が必要ですな。

とりあえず、これでより便利なMACライフが送れそう。

Boot Campは結構あっさりインストール

P1030284

なんてことなくインストール完了。

すばらしいですな。

これでVistaも1月後くらいにはつかえるんじゃなかろうかと。

2007年1月 6日 (土)

MacBookのハードディスク換装

やりました。

昨日、クレバリーでハードディスクと、2.5インチHD用SATA外付けケース。

ついでにBoot Camp用Windows XP Professional購入。

ハードディスクは、東芝の200G、2.5インチのMK2035GSS

P1030278

まずは外付けケースにMK2035GSSを入れて、USBでMacBookに接続。

パーティションを作成し、ディスクユーティリティーで、今のHDの中身をコピー。

やり方は、ここ参照。

注意点としては、ディスクユーティリティーでは、起動ディスクはコピーできない。

なので、Mac OS X Install Disk 1を入れて、Cキーを押しながら再起動。

これで、DVDのほうから起動される。

このInstall Disk 1のディスクユーティリティーから、HDの中身を、新しいHDにコピー。

P1030279

コピーが終わったら、Optionキーを押しながら再起動。

起動ディスクの選択ができるので、新しいHDのほうから起動してみる。

起動できることをそれで、確認。

その後、MacBookから、ハードディスクを抜いて入れ替え。

やり方は、結構簡単。

ここを参照のこと。

P1030282

ただ、注意するべき点はハードディスクが星型ネジでマウントされている点。

このネジをはずすには、トルクスドライバーのT8が必要。

うちには無かったので、近所のホームセンターまで行って購入。

入れ替えて起動してみると、あっさり問題なく動作。

簡単でよろしいですなー。

次はBoot Campを入れますかね。

2007年1月 4日 (木)

今年の最初のエントリー

年も明けまして、おめでとうございます。

正月の三ヶ日は、なんとなくぼんやり過ごしておったわけですが。

いつも通りの親戚のあつまりで

毎年聞かされる話80%と新ネタ20%くらいの話を聞きつつ

合間に買ったものの全然やってないゲームや、本を読むという感じ。

ドラゴンクエストモンスターズジョーカーをちょっとやってみたら

妙にはまったり。

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー Video Games ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー

販売元:スクウェア・エニックス
発売日:2006/12/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

年も明けたことですし(?)、自分の音楽作成環境について

考え直してみようかなと考えたりしてます。

FL STUDIOも良いツールなので

今後も使っていきたいのですが

MacBookをメインマシンにしてしまったが故にイマイチ使いづらいんですよね。

Windows用のツールだから。

Parallelsだと、さっき試してみたら、ASIOドライバとか使えないみたいだし。

Boot CampでWindows XP入れれば使えるみたいですが。

でも120GのハードディスクじゃもうWindows入れる空きがあまりない。

とりあえず、MacBookのハードディスクを200Gにしたいと思います。

買って2ヶ月でハードディスク換装かよ!

とか思いますが、こういうのも買ってみなきゃわからんもんだしなー。

あとは、podcast作成をMacに移行しようかなとも思ってるんですよね。

それは、近々研究したいと。

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31