« drwtsn32を使ったデバッグ | トップページ | sitファイルを解凍 »

2006年12月 7日 (木)

windbgを使ったデバッグ

Windbg

さっきの、drwtsn32.logを使ったデバッグの続きで、windbgを使ったデバッグ。

PDBファイルの作成

- VisualC++ 6.0 -

  • C/C++->C++言語のプロジェクトオプションに/Zi
  • リンク->一般->デバッグ情報を生成するにチェック

       
- VisualStudio.Net -

  • C/C++->全般->デバッグ情報の形式->プログラム、データベース(/Zi)。
  • リンカ->デバッグ情報の生成を「はい」に。

Debugging Tools for Windows (WinDBG)を使う

  • Symbol File Pathを設定する
    • pdbファイルの置いてあるパスを設定する
  • Source File Pathを設定する
    • cppファイルの置いてあるパスを設定する
  • Open Crash Dumpでダンプファイルを開く
    • drwtsn32が作成した、ダンプファイル、user.dmpを開く

すると、あーら不思議。

アプリを落としたソースがハイライト表示に。

いやはや、ひさびさ思い出した。

Windbg2

« drwtsn32を使ったデバッグ | トップページ | sitファイルを解凍 »

雑多技術メモ」カテゴリの記事

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31