« Parallels DHCP | トップページ | 2006年、最後の電脳空間カウボーイズこれから作るぜ! »

2006年12月31日 (日)

ハードディスクレコーダー(東芝RD-XS37)を修理

もう気がつけば大晦日じゃないですか。

今日の予定としては、大掃除をしつつ、合間に安部さん出演回の第三部をネットにアップしたいと。

年末はまた妙に忙しくて、ひさびさに部屋に帰ってきたのですが、掃除をしつつ、ついに壊れたハードディスクレコーダの修理をしました。

どうもこのRD-XS37、買ってから故障がすでに3回。

どれもハードディスクがぶっとんでるんで、はいってるやつが、ほんとイマイチなんだと思うんだよなー。

故障のうち2回は保障期間内でしたが、今回は保障期間切れ。

買い換えるしかないのかと思ったら、ネットで検索したらわりと自分でも治せる様子。

【HDD/DVDレコーダー】ハードディスク換装 - wiki@nothing:

RD-XS37は、Seagateのハードディスクが入っているようですが、wikiによると、HITACHIのハードディスク、HDT722516DLAT80に交換可能とのこと。

日立GSTのハードディスクが結構おすすめとのことなので、アキバのT-ZONEで買ってきました。

18時以降だったので、6%OFFで\5900くらい。

安い。

で、ハードディスクレコーダを分解してみました。

P1030241

そうか、こんな感じだったのか。

まぁ普通に交換。

交換したら、あっさりつくのかと思ったらさっぱりつかず。

ネットで調べると、同様の交換をした人は、

  1. 交換後3時間ほど放置(液晶はWAIT表示のままでハングしているように見える)
  2. 電源ケーブルを抜いて、強制終了
  3. 電源を再び入れる。3分ほど放置でRD-XS37が起動できるようになる。
  4. 起動して、設定メニューからハードディスク初期化
  5. ハードディスクのジャンパはCableSelectでOK。

で出来たとのこと。

目の前にあるといじってしまうので、仕方なく出かけることに。

P1030244

この状態で4時間ほど放置。

帰ってきて、電源を切ってみると、あっさり認識。

初期化して使えるようになりました。

よかったよかった。

これでまた、いくらかテレビが見れますなー。

« Parallels DHCP | トップページ | 2006年、最後の電脳空間カウボーイズこれから作るぜ! »

雑多技術メモ」カテゴリの記事

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30