« Flashのファイルフォーマット | トップページ | カウボーイハウスのXBOX360がこわれた »

2006年10月 4日 (水)

mtascで作成した、Flash Lite 2.0 swfのバイブレーション作動

mtascで、Flash Lite 2.0でのバイブレーション作動のサンプルを作ってみた。

VibrateEx.as

class VibrateEx {

    /// キー定数
    private var KEY_0:Number = 48;
    private var KEY_1:Number = 49;
    private var KEY_2:Number = 50;
    private var KEY_3:Number = 51;
    private var KEY_4:Number = 52;
    private var KEY_5:Number = 53;
    private var KEY_6:Number = 54;
    private var KEY_7:Number = 55;
    private var KEY_8:Number = 56;
    private var KEY_9:Number = 57;
    private var KEY_STAR:Number = 56;
    private var KEY_SHARP:Number = 51;

    //コンストラクタ
    function VibrateEx(mc:MovieClip) {

        mc.createTextField("tf",mc.getNextHighestDepth(),0,0,240,40);
        mc.tf.text="1でバイブ開始。2でバイブ停止。";

       

        //キーリスナーの指定
        Key.addListener(this);

    }

      private function onKeyDown() {

          switch(Key.getCode()){
          case KEY_1:
              FSCommand2("StartVibrate", 500, 200, 3);
              break;
          case KEY_2:
            FSCommand2("StopVibrate");
              break;
          }

      }

    //メイン
    static function main() {
        var app:VibrateEx=new VibrateEx(_root);
    }

}

このコードを次のコマンドで、ビルド。

mtasc -swf VibrateEx.swf -main VibrateEx.as -version 7 -header 240:240:30

で、作成されたswfがここに。

200610041814309485

Flash Lite 2.0対応のケータイ端末にて動作。

auのW43Sにて動作確認。

« Flashのファイルフォーマット | トップページ | カウボーイハウスのXBOX360がこわれた »

「Flash Lite 2.0」カテゴリの記事

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30