« auのFlash Lite 1.1のloadValiablesでphpを叩く | トップページ | podcastを定期配信するには、スケジュールを組むしかない! »

2006年8月19日 (土)

Flash Lite 1.1の各キャリア端末でデバイスフォントの違いを実験してみる

最近、Flash Lite 1.1で実験してみたことについてばかり書いているが、これが今書きたいんだからしかたない。

各キャリアのデバイスフォントの実装系の違いを調べてみるため、24px,20px,18px,16px,14px,12pxのフォントを表示するswfを作ってみた。

Qrcode_4 http://shin-ishimaru.cocolog-nifty.com/swf/lite11_fonttest.swf

で、これを手近にあった端末でそれぞれ見てみた。

まずは、DoCoMoのSH901iC。

DoCoMoに関しては、デバイスフォントのサイズに関して、詳しい資料が公開されているので、あまり問題ない。

[Flash対応端末の情報]

Sh901ic

資料によると、SH901iCに実装されているフォントは、

12px, 16px, 24px。

確かに、3種類のフォントによって描画されているのがわかる。

次に、auのW41Tにて、実験してみることとする。

すると、次のように表示される。

W41t

auの端末に関しては、

CDMA 1X:16~36のうち3~4種
CDMA1X WIN:12~36のうち3~4種
[Flash Lite 1.1メモより]

という情報や、12, 16, 24が利用可能という話もあり、いま一つはっきりしない。

とりあえずW41Tでは、4種類のフォントサイズが確認できる(12, 16, 20, 24か?)。

最後に、vodafone 904shにて実験。

904sh

vodafoneに関しては、さっぱり情報がなくて困ったもんだ。

softbankさんには、この編の技術情報をちゃんとオープンにしてほしいもんだが。

ほんとは知らないだけで、Flash Lite 1.1のvodafoneの資料はどこかにあるのだろうか?

とりあえず、画面からは3種のフォントサイズが確認できる(12, 16 24?)。

他にも色々実験してみたら、違いはあるとは思うがそんな感じだった。

« auのFlash Lite 1.1のloadValiablesでphpを叩く | トップページ | podcastを定期配信するには、スケジュールを組むしかない! »

「Flash Lite 1.1」カテゴリの記事

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30