« Flash Lite 1.1での配列的変数ループ処理 | トップページ | Flash Lite 1.1でのバッテリー残容量の取得 »

2006年8月 3日 (木)

Flash Lite 1.1サンプルによく見られるお決まり初期化

adobeのCDKのexampleに入っている、プロジェクトファイルに良く見られる初期化処理。

// Setup the movie
FSCommand2( "FullScreen", true )
FSCommand2( "SetQuality", "high" )
_focusrect = false;

FSCommand2( "FullScreen", true )は、全画面表示指定。
ドキュメントによると、i-Modeシリーズではサポートされていない。
auのほうは、はっきりしないが、一部端末ではサポートされているのかもしれない。

FSCommand2( "SetQuality", "high" )は、アニメーションのレンダリング画質の設定。
high, medium, lowが指定可能。

_focusrectは、現在フォーカスされているボタンの周りに黄色の長方形を表示するかどうかの指定。
デフォルトでは、true。

とりあえず、サンプルにはよく書いてあるので、書いておこうかという感じの、お決まり処理。

« Flash Lite 1.1での配列的変数ループ処理 | トップページ | Flash Lite 1.1でのバッテリー残容量の取得 »

「Flash Lite 1.1」カテゴリの記事

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30