« なんとなくはじめてみる | トップページ | FL STUDIOの背景がWEBページに出来るとは »

2006年6月22日 (木)

FL STUDIOのFruity Vocoderでロボットボイスを作ってみる

どうも、ボコーダーというものを使うとロボットボイスが作れるらしい。

ってことは知ってて、FL STUDIOにFruity Vocoderというプラグインがあるのは知ってるわけですが、どうやったらできるかさっぱりわからない。

そこで、調べて作ってみました。

ボコーダーというものの原理は、2つの音を合成するもので、片方にキャリアといわれる元の音、もう片方にモジュレータと呼ばれる影響を与える音を入力します。

korgの松前公高さんの説明によると、ロボットボイスを作る場合、モジュレータのほうに人の声を入れるとのこと。
http://www.korg.co.jp/Support/Seminar/MS2000/10/

で、Fruity Vocoderのヘルプによると、 左チャンネルがモジュレータ、右チャンネルがキャリアとなっているのがわかります。
http://www.fruityloops.com/help/html/plugins/Fruity%20Vocoder.htm

なんで、電脳空間カウボーイズ冒頭の私の声のところをきりとって、左チャンネルへ。
右チャンネルには、適当なPAD音を入れて、Fruity Vocoderに入れてみます。

Vocoder ミキサーの2チャンネルに私の声が送られ、1チャンネルのVocoderへ。
2チャンネルは、モジュレータへ送るため、パンが左にふってあります。

ミキサーの3チャンネルのpadの音も、1チャンネルのVocoderへ。
1チャンネルのキャリアへ送るため、パンは右にふってあります。

で、VocoderからMasterへ。

できたロボット風ボイスは、こんな感じです。

「robotsample.mp3」をダウンロード

FLはなにかとサンプルプロジェクトが見つからないので、プロジェクトファイルも置いときます(FL STUDIO 6用)。

「RobotSample.zip」をダウンロード

« なんとなくはじめてみる | トップページ | FL STUDIOの背景がWEBページに出来るとは »

「FL STUDIO」カテゴリの記事

このブログについて

  • S_Ishimaru is ...

    Mac、デジカメ、音楽、楽器ガジェット、プログラミング、iPhone、ケータイなど色々興味を持ったことについて書いているブログです。


    シン石丸について

AMAZON コンピュータ・インターネット本

AMAZON 本ベストセラー

GoogleAnalytics

Google BLOG内検索

無料ブログはココログ

AMAZON エレクトロニクス

AMAZON ゲームベストセラー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31